サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型軽のムーヴ キャンバス発売。両側スライドドア採用のハイトワゴン

ここから本文です

新型軽のムーヴ キャンバス発売。両側スライドドア採用のハイトワゴン

ダイハツは9月7日、昨年の東京モーターショー2015で発表したコンセプトカー「HINATA(ひなた)」を開発のベースとした新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」を発売した。ムーヴ キャンバスは、2008年に登場した箱形の軽ハイトワゴン「ムーヴ コンテ」の後継モデルとなる。価格はFF車が118万8000円~154万4400円、4WD車が131万2200円~166万8600円。

優しい表情、丸みのあるスタイル

女性ユーザーの嗜好を意識し、柔和なフロントフェイスやレトロ感が漂うバスのような丸みのあるスタイルを採用。水平基調のキャビンでは広くのびやかなスタイルを演出した。XとGグレードに設定された「メイクアップ」には各所にメッキ加飾が施され、さらにクリアクリスタルのリヤコンビランプなどで上質感を高めている。また、専用エンブレム付きの14インチホイールキャップも装着される(グレード別)。

サイズは「ムーヴ」と軽スーパーハイトワゴン「タント」の中間あたりに位置し、全高1655mm(ムーヴ比+25mm、タント比-95mm)、室内高1285mm(同+5mm、同-80mm)、室内長2115mm(同+35mm、同-85mm)、室内幅1345mm(同+25mm、同-5mm)となっている。

両側スライドドア採用。運転サポートも充実

「幅広い世代で使いやすい軽自動車を目指した」というムーヴ キャンバスは、全高1700mm以下の軽自動車として初めて両側スライドドアを採用。さらに後席シート下に収納ボックスを追加するなど日常の使い勝手を向上させている。

運転をサポートする新機能としては、ステアリング操作に連動してヘッドランプが進行方向を照らす「AFS(アダプティブ・フロントライティング・システム)」と、4つのカメラで車両の周囲を映して上から見下ろしたような映像を表示する「パノラマモニター」を用意した(グレード別またはオプション)。

ムーヴゆずりの走りと低燃費

燃費は、樹脂化ボディによる軽量化や低フリクションエンジンオイルの使用、CVT制御の最適化といったダイハツ自慢の「e:Sテクノロジー」を活用することで、FF車でJC08モード燃費28.6km/L、4WD車で同27.4km/Lの低燃費を実現。

また、ムーヴ同様のアンダーボディ補強やサスペンションチューニングにより、乗り心地と操縦安定性を向上させるとともに、市街地での取り回しや駐車時の切り返しを考慮したステアリング操舵力の最適化によって、扱いやすさを向上させたという。

安全装備では「スマートアシストII」を採用。カメラとレーザーレーダー、ソナーセンサーの組み合わせにより、衝突回避支援ブレーキ、衝突警報(対車両・対歩行者)、車線逸脱警報、誤発進抑制制御(前方・後方)、先行車発進お知らせの5つの機能が備わる。

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します