サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型VWティグアン超速試乗。開発コードネームのトリビアも教えます

ここから本文です

新型VWティグアン超速試乗。開発コードネームのトリビアも教えます

MQBベースの2代目ティグアン

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」は2007年秋にフランクフルト・モーターショーでデビューした。以来、ヨーロッパはもちろん世界中で人気を博し、2015年までにおよそ264万台が世界で販売され、VWブランドにおける屋台骨になっている。

今回、2代目へと生まれ変わったニュー・ティグアンは、ゴルフ7に採用されている横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」をベースに開発された。MQBの特徴は、サイズやプロポーションを自由に設計する事ができることで、その結果、全長4486mm (+60mm)、全幅1839mm(+30mm)、全高1632mm (-33mm)、ホイールベースは77mm伸びて2681mmとなっている。ボディサイズは大型化したが車両重量は50kgの軽量化を果たしている。

そのプロポーションは、シャープなプレスラインと緊張感のあるサーフェスで構成され、ティグアンのエクステリアをグッと伸びやかでスポーティネスに溢れたものとしている。エアロダイナミクスも、クラストップとなるCd値0.31を実現している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します