サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ポルシェ新時代のライトサイジングターボに6台連続試乗【前編】

ここから本文です

ポルシェ新時代のライトサイジングターボに6台連続試乗【前編】

超ハイスピード下で真価を確認

ポルシェスポーツカーを中心とする主要モデルが、燃費およびクリーンエアのためのターボ化、ポルシェが言うところの「ライトサイジングターボ」化を果たしたところで、ポルシェジャパンはそのプレス試乗会を、富士スピードウェイ=FSWのレーシングコースで開いた。

FSWのレーシングコースを舞台にしたのは、ラップタイムを取ったりするためではなく、日本の路上では経験するのが困難なアウトバーン的スピードにおけるクルマの安定感や挙動を感じてもらうため、というのがポルシェジャパン広報部の説明である。

用意された試乗車は、718ボクスター、718ボクスターS、718ケイマンS、911カレラ、911カレラ4、911カレラS、911カレラ4S、911タルガ4S、911ターボS、それにマカンGTSの合計10台。

そのなかからcarview!が選んだのは、718ボクスターS、マカンGTS、 718ボクスター、911ターボS、911カレラ、718ケイマンSの6台。それを、ここに書いた順のとおりにドライビングした、というのが今回の試乗だった。周回数は1台につきそれぞれ3ラップ、というのが平均的なところだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します