サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサスLC撮り下ろし&謎を呼ぶ10段ハイブリッド変速はどうなってる?

ここから本文です

レクサスLC撮り下ろし&謎を呼ぶ10段ハイブリッド変速はどうなってる?

レクサスの新型クーペ「LC」。国産とは思えないグラマラスなプロポーションが話題を集めていますが、編集もようやく触ることができました。2012年のデトロイトショーで登場した「LF-LC」の市販化モデル的な理解をしていたところ、LF-LCの時はパワートレーン構成もまったくの白紙で、デザインのエッセンスは引き継いでいるものの、サイズもまったく違うんです、というご回答。今回は気鋭のカメラマンによるLCの撮り下ろしショットをご覧いただきましょう。

・・・ところで編集的には、「LC500h」に搭載され世界初を謳う「マルチステージハイブリッドシステム」がわかりにくいです。“FRベース=縦置きのトヨタ式ハイブリッド(プリウスに使われるFFベース=横置きハイブリッドと、遊星ギアを使った動力分割機構は基本的に同じもので、すでに「LS」「GS」などのHVモデルに搭載されている)に、初めて有段ギアを組み合わせて10速化した”ということですが、みなさん理解できたでしょうか? というわけで、LC開発陣に聞いてみました。

開発陣:以前からレクサスのFRハイブリッドには2段のリダクションギアが付いていました。これはTHSがもつ2個のモーター(駆動用と発電用)のうち、駆動を担当する「MG2」モーターの出力軸に接続され、高速巡航側でモーターの回転数を下げて燃費改善を狙っています。この場合、ギア比が変わるのは駆動モーターのみなので、エンジンが最高出力を出せるのは120km/h以上の高い速度域に限られていました。

今回のマルチステージハイブリッドシステムでは、4段ギア(一般的なステップATと同様の構造をしている)はTHSの遊星ギアがモーターとエンジンの駆動力をミックスして出力する、最終段、つまりTHSの外部で接続されています。THS全体をひとつのエンジンと捉えて、そこに4段ギアを追加したようなもので、エンジンの減速も可能になったんですね。

THSIIをベースに考えると、ステップATによって加速側に2段、高速側に1段のギアを加えたイメージ。その結果、低速域はより高回転が使えるので加速力が高まり、高速域では回転を低く抑えられるので燃費も上げられるようになっています。LCではエンジンの最高出力を60km/hぐらいから出せるようになりました。

編集:4段ギアだと4速になりませんか?

開発陣:先ほども説明したように、THSIIという電気式の無段変速機構(ECVT)において、従来よりも広い速度レンジで、エンジンを最適な回転で使えるようにすることが4段ギア追加の理由です。ですから、従来のレクサス車のハイブリッドのように無段変速(CVT)のままでも完成だったわけです。しかし、LCを開発するにあたってTHS本来の無段変速的な走りか、ギア段を感じられる走りのどちらが相応しいかを検討した結果、ギア段があるほうがしっくり来たというのが10段化を選択した理由です。

ちなみに10段の変速は、ステップATの4段分のメカニカルな変速ギアをそれぞれ分割するように、モーター制御で電気的に作り出しています。ギアの1段目で1~3速、2段目で4~6速、3段目で7~9速、4段目はオーバードライブの10速という風に振り分けてあるんです。

・・・というわけで編集的にはなんとなくわかった気になったのですが、メーカー公式サイトで「小学生にもわかるマルチステージハイブリッド」的なコンテンツが欲しいかもです。 (編集T)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します