サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 600psのV8エンジンはでっかいお守り? 一般道ではストレスが溜まりそうなBMW M8グランクーペは誰が買う?

ここから本文です

600psのV8エンジンはでっかいお守り? 一般道ではストレスが溜まりそうなBMW M8グランクーペは誰が買う?

M8クーペに続いて、4ドアクーペ版のM8 グランクーペが登場

BMWは昨年6月のクーペモデル、M8に続いて、その4ドアクーペ版となる「M8 グランクーペ」を発表し、受注を開始しました。グレードは2つで、最高出力が25ps上乗せされる「M8 グランクーペ Competition(以下コンペティション)」も用意されます。

基本メカニズムはM8と共通となりますが、M8 グランクーペのボディサイズは、クーペ比で全長がプラス235mmの5105mmと大台突破。全幅はプラス40mm、全高もプラス60mm、ホイールベースは3m超と、リアシートに大人が座ってゆったり4人で移動できるモデルとなっています(定員は5名)。

車両重量は2000kgと、ボンネットとルーフをカーボンファイバー製とするなど、M8クーペに比べて90kgほどの増加に抑えられていますが、そのカーボンファイバー製のボンネットの中に納まるのが、4.4LのV型8気筒ターボエンジン。

最高出力は600psで、コンペティションは625psとなります。Vバンク間に吸気系ではなく、2基のツインスクロール・ターボチャージャーを配置するというBMWが“クロスバンク型”と呼ぶエグゾースト・マニフォールドを採用。これは、最近のポルシェやメルセデス・ベンツのハイパワーモデルで目にするいわゆる“ホットV”と呼ばれる流行りのレイアウトで、タービンまでの距離が短いため、排気エネルギーのロスが少なく、素早いレスポンスが可能になると言います。

そのエンジンパワーは、シフト特性を任意に変更できるドライブロジック付きの8速Mステップトロニック・トランスミッションを介して、M専用の4輪駆動システムM xDriveで4輪に伝えられます。

次のページ>>仕事の行き帰りにMパワーの片鱗に触れてストレス発散とか

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します