サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 3代目ジムニーお別れ試乗 本格クロカン独特の「味」を街乗りで感じた

ここから本文です

3代目ジムニーお別れ試乗 本格クロカン独特の「味」を街乗りで感じた

4代目となる新型ジムニーが先行発表されました。思いっきりスクエアでクラシカルなフォルムが話題のようですが、つまりは3代目が終焉を迎えるということで、3代目ジムニーのお別れ試乗してきました。テストしたのは市街地や高速道路などの一般道です。

3代目ジムニーのデビューは1998年というからなんと20年前。ちょうど軽自動車のボディサイズの規格が大きくなった年で、エクステリアは2代目の無骨でいかにも本格4駆というフォルムから、モダンで乗用車的なスタイルへと大胆な変更を受けました。見た目は今っぽくなったものの、中身はジムニー伝統のラダーフレーム、エンジン縦置きFRレイアウト、前後リジットアクスルサス、副変速機付きパートタイム4WDなどが継承されています。

試乗車は走行2万キロちょっとのジムニーランドベンチャーという特別仕様車で4ATのモデル。シートに座るとなんだか懐かしい匂い。なんとも伝えにくいのですが、少し前のクルマってこんな匂いしたな、となんだかセンチメンタルな気分になります。視界は広く、リアのスペアタイアはやや邪魔ですが、全方向とても見やすく、特にボンネットは四隅をしっかり確認することができます。

ステアリングは昨今の軽自動車と比べればやや重たく、ステアリングセンターはユルめ。特にユルさについては今の乗用車ではほとんど使われていないリサーキュレーティングボール式のステアリングギアボックスの味であり、ジムニーらしさの一つと言えます。ブレーキは甘い印象ですが、踏み足していけばしっかりと効きます。最小回転半径が軽自動車最大となる4.8mで、予想以上にステアリングは切れませんが、ボディサイズがコンパクトなので困ることはありません。

高速道路では80km/hくらいからエンジン音や振動がそれなりに大きくなってくるので、高速走行はちょっとシンドイですが、そもそもオフロードを走ることを考えられたクルマであり、その辺は想定の範囲内。市街地などではキビキビ走ってくれるので、遠出しないのであれば普段の足として十分に使うことができます。そしてなんといってもこのクルマの強みである悪路走破性能は、悪天候や災害時などにその威力を発揮してくれるでしょう。

ラダーフレームの影響なのか、乗り心地は一般道、高速道路含めてシートの上でピョコピョコと体が跳ねるトラックのようなフィーリング。長時間だとちょっと疲れそうではありますが、角が立っていないマイルドな入力なので、こちらも日常の使用では問題なさそうと感じました。

結論、3代目はジムニーらしい「味」を持ちつつ、乗用性能をもしっかりと備えた万能車でした。4代目にも基本性能は受け継がれるようですが、果たしてどう変わってくるのかとても楽しみですね。

【関連記事】
新型ジムニー&ジムニーシエラ先行公開 ガッチリスクエアフォルムが新鮮

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します