サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > フリード試乗、コンパクトミニバンに欠けていたもの

ここから本文です

フリード試乗、コンパクトミニバンに欠けていたもの

ホンダ流マーケティング

今の時代、従来からあるセダンやクーペさらにはワゴンなどに加え、ミニバンやSUVさらにはコンパクトカーのカテゴリーラインナップも充実して、全てのユーザーのニーズを網羅していると感じている。それは一台でも販売台数を伸ばしたいメーカーが、マーケティング調査をして細かなニーズまでをも把握し、その要求を満たすクルマを作ってきたからに他ならない。

だが、ことホンダに関しては、このマーケティング調査の能力が優れているということなのだろうか? ここ近年見ただけでも、コンパクトカー人気の火付け役とも比喩されるヒット商品を他メーカー以上に世に送り出していると感じている。例えば、フィットやストリームがそれだ。もともとこれらのカテゴリーはすでに存在していたものだが、そのカテゴリーユーザーが求めるニーズをより探求し、それを持ち合わせたからこそ、ヒットしたクルマではないか?そしてこのような書き方は適切でないかもしれないが、それを他のメーカーが追随する流れも見受けられた。

なぜこのような話をしたかというと、まさに今回ホンダが新たに導入したフリードは、フィットやストリーム的なヒットを予感する内容を備えていたから。すでにコンパクトミニバンは世にあるカテゴリー。だが、フリードの商品説明を受けると、まさに“それ”が欠けているクルマがこのカテゴリーには多かったなと頷ける要素が多数あった。そしてフリードはそれらの性能を併せ持って登場。先に結果を言ってしまえば、その完成度は高く、強くお勧めしたい一台であるのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら