サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 初めてのオールシーズンタイヤに最適なバランス力。ダンロップ オールシーズンマックス AS1を雪で、高速で、ウェットで試す

ここから本文です

初めてのオールシーズンタイヤに最適なバランス力。ダンロップ オールシーズンマックス AS1を雪で、高速で、ウェットで試す

sponsored by 住友ゴム工業

雪で、高速で、ウェットで徹底テスト

オールシーズンタイヤが注目を集めている。日本の乗用車ユーザーになじみがあるのは、新車購入時に装着されているサマータイヤか、雪上および氷上用のスタッドレスタイヤだろうが、海外、特に北米では新車に装着されているのがオールシーズンタイヤというモデルも少なくない。そしてここ数年、各タイヤメーカーが日本でもオールシーズンタイヤを販売し始めた。いったいオールシーズンタイヤとはどういうものなのか。このほどダンロップから発売された「オールシーズンマックス AS1(以下:AS1)」をテストした。

オールシーズンタイヤを説明するため、まずサマータイヤとスタッドレスタイヤのそれぞれの特性をおさらいしておきたい。スタッドレスタイヤは低温時にもグリップ力を失わないコンパウンド(ゴムの化合)を用いることと、最適化されたトレッドパターン(溝)を刻むことで、雪上、氷上でもグリップ力を保つ。サマータイヤは低温だと硬化して本来のグリップ力を発揮できないほか、ウェット性能を重視したトレッドパターンが刻まれているため、雪を剪(せん)断する性能が備わっていない。

ただしスタッドレスタイヤはドライ路面ではサマータイヤよりも絶対的なグリップ力が低いことに加え、ロードノイズが大きい、ウェット性能が低い、剛性感に乏しいといったデメリットがある。このように互いに相反する特性をもつため、多くのユーザーは冬季とそれ以外の季節でタイヤを交換するのだ。

オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤほどではないが、サマータイヤよりも低温でもグリップ力があり、雪をかき分けるように剪断しながら走行可能なトレッドパターンが刻まれている。ドライ路面ではハイグリップタイヤほどのグリップ力はないものの、一般的なサマータイヤと変わらぬグリップ力、ウェット性能、静粛性が備わっている。

本当にそんなに都合のよいタイヤがあるのか? 実際に走行して確かめるため、12月末の某日、雪を求めて東北道を北上した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します