サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 初めてのオールシーズンタイヤに最適なバランス力。ダンロップ オールシーズンマックス AS1を雪で、高速で、ウェットで試す

ここから本文です

初めてのオールシーズンタイヤに最適なバランス力。ダンロップ オールシーズンマックス AS1を雪で、高速で、ウェットで試す

sponsored by 住友ゴム工業

銀世界へと足を踏み入れると…?

雪道へと足を踏み入れる。停止状態からゆっくりと発進させると、AS1は路上の雪をしっかりとつかんでグリップする。雪がある部分とない部分がまだらになった路面では、雪と路面の境目に駆動輪が載った瞬間にわずかにズルっとスリップすることもあるが、すぐにグリップが回復し、トラクションを失うことはなかった。

雪が溶けかけたシャーベット状の路面でも、AS1は常にタイヤと路面が接地しているという感覚をドライバーに伝え続けてくれ、安心感があった。シャーベット路面はサラサラの雪面よりもタイヤにとってはやっかいな状況だが、急激なアクセル操作などをしない限り、グリップを保ち続ける。

AS1が雪道で力強いグリップ力を発揮する理由は、前述の通り、低温に強いコンパウンドが用いられており、雪をかき分け、可能な限りタイヤと路面を接地させるトレッドパターンが刻まれているからだ。センター部分に横方向の溝が刻まれ、この部分で縦方向、すなわちトラクションとブレーキング性能を確保する。

両サイドに向かって刻まれたVシェイプは排雪、排水に有効。サマータイヤともスタッドレスタイヤとも大きく異なるトレッドパターンのため、ひと目見てオールシーズンタイヤだと識別できる。

では、オールシーズンタイヤは万能なタイヤなのかといえば、そうではない。アイスバーンと呼ばれる氷上路面では、グリップ力を発揮することができない。氷上で威力を発揮するのは、氷上性能に特化したコンパウンドが用いられたスタッドレスタイヤのみ。雪上ではサマータイヤに対して明確なアドバンテージをもつオールシーズンタイヤも、氷上ではサマータイヤ同様、ほぼなす術なしと考えておくべきだ。

今回もテストのためにあえて一部凍結した路面に20km/h前後で進入した途端にズルっと滑り、ヒヤリとさせられた。もちろん、AS1に限らず、オールシーズンタイヤと分類されるタイヤはすべて同じ特性をもつので注意が必要である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します