サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > コンパクト、SUVのシェアが伸長。ガソリンターボモデル追加でCX-5が急上昇【ボディタイプ別売れ筋・11月】

ここから本文です

コンパクト、SUVのシェアが伸長。ガソリンターボモデル追加でCX-5が急上昇【ボディタイプ別売れ筋・11月】

レクサスの新型車UXの登録がスタート

11月の新車販売は、前月比5.5%増と拡大した。需要がやや上向く時期のため、その波に乗って販売を伸ばしたモデルも多かったが、モデルライフが長い車種では台数を減らしているものもあり、改良や特別仕様車の設定など、近過去に販売のテコ入れを行っているかどうかが販売状況を左右した。

また11月には、レクサスから新型コンパクトクロスオーバーの「UX」が登場。発売は11月27日と月末だったが、販売店のデモカー登録などもあり、すでに657台が登録されている。これがSUV市場にどのような影響を与えるかも今後の見どころだ。

カテゴリー別に見ると、11月はコンパクト/ハッチバック部門と、SUV/クロスオーバー部門がシェアを伸ばしている。一方、好調続きだった軽乗用車は若干トーンダウンし、シェアを下げる結果となった。それでは順に各市場の変動を見ていこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ