サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マツダ「MX-30」 今どきめずらしい“観音開きドア”をもつ個性派クロスオーバーSUV

ここから本文です

マツダ「MX-30」 今どきめずらしい“観音開きドア”をもつ個性派クロスオーバーSUV

「CX-30」がベースだがパワートレーンと「ドア」が違う

マツダ「MX-30」は、2020年10月から販売されているマツダのクロスオーバーSUVです。全長と全幅は同門の「CX-30」とまったく同じ4395mm×1795mmですが、全高はMX-30のほうが10mmだけ高く、最低地上高も5mmだけ高いという設定。ちなみに両者はプラットフォーム(車台)も同一のものを使用しています。

ではMX-30とCX-30の違いは何かといえば、まずはデザインです。万人受けしそうなボディデザインを採用しているCX-30に対し、MX-30はちょっと個性的であり、車両の後端はかなりクーペ的に傾斜しています。好き嫌いは分かれるかもしれませんが、ハマる人にはハマる意欲的なフォルムとしたのが、マツダ MX-30という車です。

もうひとつの大きな違いは「ドアの開き方」です。CX-30はごく一般的な方式の前後ドアを採用していますが、MX-30は、いわゆる観音開きの「フリースタイルドア」というものを採用しています。

そしてMX-30とCX-30ではパワーユニット(動力源)も異なります。

CX-30のほうは一般的なガソリンエンジンとディーゼルターボエンジン、加えて「スカイアクティブX 2.0」というちょっと特殊なエンジンを搭載しています。

それに対してMX-30は、当初「マツダ初の100%電気自動車」として企画された車です。その後、日本市場向けとしては結局「2.0Lエンジン+マイルドハイブリッド」の仕様から先に導入され、やや遅れて2021年1月にピュアEV仕様が発売されました。

本稿では、やや特殊な存在である100%電気自動車「MX-30 EVモデル」の話は省略し、2.0Lエンジン+マイルドハイブリッドの「MX-30」に絞って話を進めます。

MX-30のパワートレインは、最高出力156psの2.0L自然吸気エンジンを、同6.9psのモーターがサポートするという方式。トランスミッションは6速ATで、駆動方式はFFと4WDを用意。WLTCモード燃費はFF車が15.6km/Lで、4WD車が15.1km/Lです。

先進安全装備に関しては、新しい世代の車ですので、さすがに基本的な機能はひととおり標準装備されています。ただ、さらに充実した先進安全装備が欲しい場合は「ベーシックパッケージ」「セーフティパッケージ」といったパッケージオプションを選択する必要があります。

次のページ>>グレードを選ぶのではなく好みのパッケージを選ぶ方式

【 マツダ MX-30のその他の情報 】
マツダ MX-30のおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

【 マツダ MX-30のその他の情報 】
マツダ MX-30の買取相場は?

マツダ「MX-30」関連動画(carview!チャンネル)

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します