サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 話題のSUVロッキー/ライズは出来の良さでNやタントなど最新軽自動車をしのぐ

ここから本文です

話題のSUVロッキー/ライズは出来の良さでNやタントなど最新軽自動車をしのぐ

軽自動車より明らかに余裕ある室内スペース

いわゆる兄弟車としてこのほど同時にデビューした「ダイハツ ロッキー」と「トヨタ ライズ」。2016年にトヨタの完全子会社となり、現在は同社の軽自動車および小型車部門を担うダイハツが、新たに設計したプラットフォーム「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を用いて両モデルを開発した。

ロッキー/ライズは今年モデルチェンジした軽自動車の「タント」に続き、DNGA採用の第二弾。今後、DNGAはダイハツ、トヨタの軽自動車および小型車(「ヤリス」よりも小さなモデル)全般に用いられることになる。軽自動車と小型車は、現時点では税制やエンジンの排気量こそ異なれど、すでに車両開発は一元化されているのだ。

軽自動車と同じプラットフォームとはいえ、全長3995×全幅1695×全高1620mm、ホイールベース2525mmと、前後左右にストレッチされている。実際に乗り込んでみると明らかに軽自動車よりも車内スペースに余裕を感じる。特にカップルディスタンス(前席左右席の間隔)が十分確保されていて、せせこましさがない。軽自動車の多くは室内高をたっぷりとって広さを稼いでいるものの、全長3400×全幅1480mmに制限されているため、カップルディスタンスの狭さはいかんともしがたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します