サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダ「MX-30」試乗 EVではなくまさかのマイルドハイブリッドだったがこれはこれであり

ここから本文です

マツダ「MX-30」試乗 EVではなくまさかのマイルドハイブリッドだったがこれはこれであり

仕向地ごとに異なるパワートレーンで発売する戦略

昨秋の東京モーターショーで登場したマツダMX-30。マツダ初の量産EVということで話題を集めたが、この度発売されたMX-30はEVではなく、マイルドハイブリッドシステムを組み合わせた2リッター自然吸気エンジンを搭載して登場した。

発売と同時に21年にEV版が、22年にレンジエクステンダー版(発電用エンジン付きEV)がそれぞれ追加されることもアナウンスされた。てっきりEVで登場すると思っていたので、数カ月前に新聞で「日本向けはまずはマイルドハイブリッドから」と報じられた際に、やや肩透かし感があった。ただEV版もすでにあり、欧州で発売された。国や地域によってCO2排出に対する法規制が異なるため、仕向地ごとに異なるパワートレーンで発売する戦略のようだ。

MX-30は3ドアハッチバックに見えるかもしれないが、マツダが「フリースタイルドア」と呼ぶ、RX-8以来の観音開きドアをもつ5人乗りの5ドアハッチだ。マツダはSUVに分類するが、SUV感は限りなく薄い。

一見して従来のマツダ車とはデザインテイストが異なる。同社のモデルはどれもスタイリッシュだが、同じ系統のカッコよさを見せ続けられ、やや食傷気味だった。MX-30はやはりスタイリッシュだが、従来のハンサム金太郎飴とは別系統。彫りの深い彫刻的デザインとは打って変わってシンプルだ。ただしシリンダー形状のヘッドランプデザインなど、ひと目でマツダ車とわかるモチーフも散りばめられている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します