サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > DS7 クロスバック発売 “アクティブスキャンサス”をCセグSUV世界初搭載

ここから本文です

DS7 クロスバック発売 “アクティブスキャンサス”をCセグSUV世界初搭載

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月17日、シトロエンの高級ブランド「DS オートモービルズ」のフラッグシップモデルとなる「DS7 クロスバック」の国内発売を発表した。DSブランドらしいこだわりが随所に散りばめられたインテリア、エクステリアデザインと最新の先進予防安全技術を搭載。価格は469万円から。

エクステリアは、大きくデザインされたDSシリーズのアイデンティティ「DSウインググリル」とLEDヘッドライトを左右3個ずつ内蔵したヘッドライトが特徴的。「DS アクティブLEDビジョン」と呼ばれるアダプティブヘッドライトは、停車、市街地、郊外、高速道路の4つのモード、ワイパー作動に連動した悪天候モード、対向車や先行車を検知して自動的にロービームにするインテリジェントハイビームモードの計6つのモードを備えている。また解錠時には横に180°回転し紫色に光るというオープニングイベントも行う。

オペラ、リヴォリ、バスティーユと呼ばれる3つのバリエーションが用意されたインテリアは、いずれもモダンにまとめられ細部にDSブランドらしさが散りばめられている。インパネセンターに設置されたアナログ時計はフランスの高級時計メーカー「B.R.M」社製で、エンジンオフ時は格納されているが、エンジンスタートすると縦に180°回転して出現する。メーターは12.3インチのフル液晶で表示情報をカスタマイズ可能。センターディスプレイは8インチのタッチスクリーンで、エアコンやメディアの切り替え操作のほか、アップル・カープレイ、アンドロイド・オートにも対応している。上級グレードとなる“グラン チック”にはフランスの高級オーディオメーカー「FOCAL(フォカル)」社製オーディオを搭載し、14個のスピーカーを鳴らす。

先進予防安全技術は「DS コネクティッドパイロット」と呼ぶアダプティブクルーズコントロールとレーンポジショニングアシストを含む運転支援機能を全車に標準装備。アダプティブクルーズコントロールは前車が停止後3秒以内に再発進すれば自動で再発進可能。レーンポジショニングアシストは車線内での右寄りや左よりなどの走行位置をキープすることができる。

CセグメントSUV世界初装備となる「DS アクティブスキャンサス」は全車標準装備。カメラが前方5~25mの路面の凹凸を検知し、4輪のショックアブソーバーの減衰力を最適化し快適な乗り心地を提供するという。他にもドライバーの疲労を検知する「DS ドライバーアテンションモニタリング」は“グラン チック”に標準装備、夜間や暗闇での視界補助を行う「DS ナイトビジョン」は“グラン チック”でオプション選択可能となる。

エンジンはDS4、DS5に搭載されている2.0リッター直列4気筒DOHCディーゼルターボ(最高出力130kW(177ps)/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpm)と新開発の1.6リッター直列4気筒ターボエンジン(最高出力165kW(225ps)/5500rpm、最大トルク300Nm/1900rpm)の2種類。トランスミッションはアイシン製8ATを搭載する。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します