サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 大幅改良された新型フィット。4グレードに試乗してそれぞれの味を確かめた

ここから本文です

大幅改良された新型フィット。4グレードに試乗してそれぞれの味を確かめた

大幅改良された新型フィット。4グレードに試乗してそれぞれの味を確かめた

フィット ハイブリッド・L ホンダ センシング

目玉は安全運転支援システムの追加

ホンダの主力コンパクトカーであるフィットが、この度マイナーチェンジを行なった。そして今をときめく“綾野 剛”や“二階堂ふみ”を起用して、大々的にCM展開していることからもわかる通り、ホンダはこれを単なる化粧直しではなく「フルモデルチェンジにも匹敵するビッグマイナー」と考えているようだ。

その目玉となるのは、ここ数年で急激に進化を遂げた安全運転支援システムの追加。具体的には「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の全8機能が、ガソリンおよびハイブリッドモデルに搭載された(グレード別)。特にステアリング制御を伴う車線維持支援システム「LKAS」と、前走車との車間距離を適正に保ちながらオートクルーズできる「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」の搭載は、現行のフィット3前期型オーナーにとって羨ましい装備だろう。

さらに全てのエンジンに細かい改良の手が加えられ、そのボディには骨格から手が入り、外装では意匠と空力性能、内装には各タイプのインテリアカラーが用意された。というわけでここからは、今回試乗した4台のインプレッションと共に、その進化について掘り下げてみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します