サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型アウディQ3試乗、好調なプレミアムコンパクトSUVはどう進化した?

ここから本文です

新型アウディQ3試乗、好調なプレミアムコンパクトSUVはどう進化した?

今後の販売を後押しする鍵

アウディといえば、かつてはドイツ車勢の中では誰もがひれ伏す“王道の選択”ともいえるメルセデス・ベンツやBMWでもない、知る人ぞ知る“ハズし”の選択として、大人の余裕を感じさせるモデルだったが、今では先進的かつエレガントな存在感と独創的な哲学が日本のユーザーに受け容れられ、ジワジワと販売台数を伸ばしている。

アウディの日本市場における年間販売台数をみると、2010年は1万5千台前後に留まっていたのが、2011年にはコンパクトクラスのA1、2012年にはコンパクトSUVのQ3、A3などのモデルの好調ぶりもあって2万台に増え、2014年には遂に3万台を超えた。この数字は日本の輸入車販売で第3位であるBMWの約4万5千台(MINIブランドを除く)に次ぐ第4位となる(※日本自動車輸入組合 推移データ参照)。

確かに、このところのドイツ勢はBMWが1シリーズの他に実用性を発揮するFFモデルの2シリーズを登場させたり、メルセデスはAクラスのボディタイプを多彩に展開したりと、コンパクトクラスの選択肢を充実させている。アウディも同様で、日本の道路環境で小回りが利き、敷居をまたぎやすいA1やQ3がリリースされたことが、今後の販売を後押しする鍵となることは一目瞭然だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します