サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産「ノート」 おすすめグレードは“X”一択だが乗り心地は要確認。プロパイロットが悩みどころ

ここから本文です

日産「ノート」 おすすめグレードは“X”一択だが乗り心地は要確認。プロパイロットが悩みどころ

プロパイロットを設定するのは“X”のみ

現行型日産 ノートのグレードバリエーションは、今のところ下記のとおりです。

「S」202万9500円
FFの最廉価グレード。装備はかなり簡素で、主に法人向け。

「F」205万4800円
FFのベーシックグレード。簡素な装備の燃費スペシャル

「X」218万6800円
FFの上級グレード。オプションでプロパイロットを装着可能。

「S FOUR」228万8000円
4WDのベーシックグレード

「X FOUR」244万5300円
4WDの上級グレード。オプションでプロパイロットを装着可能。

SやFは標準で付いてくる装備がいささか寂しく、なおかつ選択できるオプション装備も限られています。となると、日産 ノートにおけるおすすめグレードは「Xの一択」ということになるでしょう。4WDが必要な人はXではなくX FOURになりますので、二択と言うべきかもしれませんが。

ノートのライバルとなるのはトヨタ「ヤリス」とホンダ「フィット」です。

ヤリスとノートを比較すると、走行性能に関してはほぼ互角かもしれませんが、後席がやや狭いヤリスに対して、ノートは後席や荷室も「十分広い」といえます。そのため、実用車としての総合力はヤリスよりもノートが上であるといえそうです。

フィットとの比較では、車内や荷室の広さはほぼ同等ですが、いわゆる「走りの良さ」については日産 ノートのほうが上と思われます。ただノートは、前述したとおりスポーティゆえに路面が悪い箇所での乗り心地にはやや難がありますので、「スポーティな乗り味ではなく“快適な乗り心地”こそを優先したい」という人には、しっとりした乗り心地を持つフィットのほうが向いているかもしれません。

しかしいずれにせよ今度のノートは、ここまで繰り返してきたとおり非常にハイセンスな内外装と優秀な走行性能、そしてe-POWERによる「パワフルでありながら低燃費である」という美点を持ち合わせた、世界レベルのコンパクトカーであることは間違いありません。ご興味がある人は、そのまま購入に向けて突っ走ってOKな車です。

次のページ>>スペック例

【 日産 ノートのその他の情報 】
日産 ノートの買取相場

【 日産 ノート eパワーのその他の情報 】
日産 ノート eパワーの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します