サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 東京モーターショーほど多様性に富んだショーは無い ~清水和夫はこう見た~

ここから本文です

東京モーターショーほど多様性に富んだショーは無い ~清水和夫はこう見た~

若者がふたたびクルマに興味を持ちはじめた?

なかなか世界のメディアから相手にされない日本のモーターショー。今年こそはと関係者は期待したが、プレスデイ初日、海外メディアの数は激減していた。取材する我々はゆっくりと取材できるので都合が良いのだが、主催者は心配だろう。

だが、一般公開日になると心配は吹き飛んだ。説明員として会場に立つ知り合いの広報マンは、若い人がたくさん来場して、「クルマの性能やデザインに関する質問が多いんですよ」と嬉しい悲鳴をあげているではないか。そこで東京モーターショーをまだ見ていない人に向けて、今回は私なりの見どころと感想を駆け足で紹介していこう。

まず、9月のフランクフルトモーターショーと今回の東京モーターショーの間に、VWのディーゼル不正問題が起きた。その影響をもろに受けたのがVWブースだ。謝罪から始まった異例のプレス・カンファレンスが印象に残る。VWとアウディは当初計画していたディーゼル車を展示せず、ガソリン車とPHEVなどの電動駆動に特化したモデルをラインアップした。

一方、同じドイツ勢でもメルセデス・ベンツBMWは高級車ディーゼル車を積極的に展示し、フランスのプジョーや、イギリスのジャガーもディーゼル車を2016年から日本で市販すると発表した。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します