サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ボディタイプ別売れ筋 SUV人気が際立つ

ここから本文です

ボディタイプ別売れ筋 SUV人気が際立つ

駆け込み需要で全カテゴリーでマーケットが活性化

 消費税増税前の駆け込み需要に沸く国内新車マーケットだが、ここではその動きをクルマのボディタイプ別に見ていこう。区分はハッチバック、セダン、ステーションワゴン、ミニバン(ワンボックス含む)、SUV(クロスカントリー車含む)、クーペおよびオープンカー、軽乗用車の全7カテゴリーとし、日本自動車販売協会連合会(自販連)、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の統計に加え、「トヨタ カローラ」のように同じ車名で複数のボディタイプを持つクルマに関しては自動車メーカー調べのデータで集計。なお一部に概算数字が入るため、総合計データでやや誤差が生じる点をご了承いただきたい。

 1月の国内乗用車登録台数(軽乗用車含む)は前年同期比30.6%増の43万3616台となり、近年にない伸びを見せた。このうち登録乗用車が28.0%増の26万4278台、軽乗用車が34.9%増の16万9338台と、台数では登録車が勝っているものの、伸び率では軽乗用車に軍配があがる。また、乗用車に限れば軽のシェアは39%を超え、まさに4割を軽自動車が占めていることになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ