サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > CX-60プロトタイプに試乗。マツダが新エンジン&車台に込めた願いとは?

ここから本文です

CX-60プロトタイプに試乗。マツダが新エンジン&車台に込めた願いとは?

CX-60プロトタイプに試乗。マツダが新エンジン&車台に込めた願いとは?

マツダ CX-60 プロトタイプ

パワートレーンはディーゼル+マイルドハイブリッドとPHEVの2種類

マツダが開発を続けてきた新型プラットフォームと新開発パワートレーンを用いた新型SUV「CX-60」のプロトタイプを、同社が山口県にもつ美祢自動車試験場(かつてのMINEサーキット)で試乗した。直6ディーゼルターボエンジン+MHEV(マイルド・ハイブリッド)、直4ガソリンエンジン+PHEV(プラグイン・ハイブリッド)という2種のエンジンを、新開発の8速ATと組み合わせて新開発のエンジン縦置き用プラットフォームに搭載した意欲作で、マツダはこのモデルで上級移行とさらなる環境負荷低減の一挙両得を狙い、生き残りをかける。

CX-60はトヨタ・ハリアー、RAV4、日産エクストレイル、ホンダCR-V、三菱アウトランダーPHEVあたりとほぼ同じサイズのSUV。マツダはこのカテゴリーにCX-5をもつが、CX-60のほうが若干大きい。CX-60はCX-5の純粋な後継モデルというわけではなく、両モデルは併売されるが、いずれは一本化されるだろう。

エンジン横置きのFWD(とFWDベースの4WD)のCX-5と違い、CX-60はエンジン縦置きのRWD(とRWDベースの4WD)となる。搭載されるパワートレーンは、3.3L直6ディーゼルターボエンジン+MHEVと、2.5L直4ガソリンエンジン+PHEVのという2種類。

3.3L直6ディーゼルターボエンジン+MHEVは、最高出力254ps/3750rpm、最大トルク550Nm/1500-2400rpmを発揮するエンジンに、電気モーター(同17ps、同153Nm)と小型のリチウムイオンバッテリー(0.33kWh)を用いた48Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わせられる。直6エンジン、モーター、8速ATがそれぞれ間にクラッチを挟んで直列に配置され、後輪もしくは4輪を駆動する。

メルセデス・ベンツ、BMW、ジャガーランドローバー、それにトヨタの6気筒ディーゼルターボエンジンは、軒並み最高出力300ps超、最大トルク650Nm超のスペックを誇り、車重2トンを超えるクルマに強力な加速力を与えているが、マツダのエンジンはそこまでの高出力、高トルクではない。これは狙いの違いだ。

マツダによれば、低負荷の領域を除けば、エンジンの排気量が大きいほうが回転数を下げられ、燃費率は高い。ATを自社開発するマツダは長らく6速ATを使い続け、この点で燃費に不利だったが、この度ようやく新開発の8速ATが登場。多段化によっても低回転を維持しやすくなった。さらにこのATはトルクコンバーターレスとすることで効率を高めたという。

発進直後や極低速走行時といった低負荷領域の効率の悪さはモーター駆動がカバーするという考え。その結果、正確なデータは未発表ながら「CX-3並みの燃費性能を発揮する」という表現でエンジニアはアピールした。ちなみにCX-3ディーゼル(AT)の燃費は19.0~20.0km/L。CX-60ディーゼルの車重は約1900kgというから、この燃費性能はすごい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します