サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 三菱自動車がeKスペースをビッグマイナーチェンジ

ここから本文です

三菱自動車がeKスペースをビッグマイナーチェンジ

eKスペースがフロントフェイスをリフレッシュ

12月21日、三菱自動車は軽スーパーハイトワゴンの「eKスペース」「eKスペースカスタム」のフェイスリフト版を発売した。どちらもフロント周りのデザイン変更がメインで、カスタムモデルは同社のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」や多眼タイプのLEDヘッドライトを採用、標準モデルは柔らかさを感じさせる面構成で親しみやすさを狙っている。価格は123万9840円(標準モデル M FF)~193万5360円(カスタムT セーフティパッケージ 4WD)。

標準モデルにもターボエンジンを搭載

エンジンなどの駆動系は基本的にそのままだが、標準モデルにもターボエンジン搭載グレードが設定された。ターボエンジン搭載車には停止する際に13km/h以下になるとエンジンを切り、ガソリン消費量を押さえるコーストストップ機能も追加されている。JC08モード燃費はFF車の場合で、自然吸気モデルは22.0km/L、ターボモデルは22.2km/Lとターボの燃費値がわずかに上回っている。

室内は快適装備を中心にグレードアップ

室内ではeKスペースの特徴でもあるリヤサーキュレーター(空気循環機能)に、肌や髪に優しいという説もある弱酸性のナノイーを放出する機能を採用。また、消臭効果のあるシートや、紫外線(UV)に加えて、赤外線(IR)カット機能をもつガラスをフロントのウィンドシールド、ドア、クォーターガラスに採用した。

先進安全装備は従来どおりで、約5~30km/hの低速走行時に自動ブレーキを作動させるFCM-Cityや前進時の誤発進抑制制御、オートマチックハイビーム、マルチアラウンドモニターなどを一部グレードに標準装備する。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します