サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型5シリーズのPHVは複合ボディ+EV走行で今までにない高級車感

ここから本文です

新型5シリーズのPHVは複合ボディ+EV走行で今までにない高級車感

330eとほぼ同じパワートレインで、航続距離が50kmに

やったことないけど、例えば物凄く美味しいバンズの上に、瑞瑞しくて旨いタルタルステーキを載せると、今までにない新鮮でゴージャスなハンバーガーが生まれるかもしれないですよね? ある意味、期せずしてそのクルマ版を食することになりましたわ、「BMW 530e iパフォーマンス」!

最大のキモはパワートレインで、ぶっちゃけ一連のBMWプラグインハイブリッド=PHVモデルと共通。具体的には3シリーズPHVの「330e」とほぼ同じ縦置き混成ユニットで、135kWの直4ツインパワーターボのギアボックス内に83kWの電気モーターを備えたもの。

ミックスされたシステム出力は185kW=230psと3リッター直6並みで、さらに驚くのはEV走行距離。PHVの本質は、搭載電池を増し増しにして半分EVとしても使えるようにしたEV&HVの両刀遣いエコカーってことで、しかもこの530eのEV走行距離はなんと50km! 330eが36.8kmだったことを考えると搭載電池量は増しているわけで(7.7→9.2kWh)、これは凄い。

それに、ヨーロッパ基準(ECE R101)で見ると530eのCO2排出量は44g/kmでほとんど現行プリウスの半分ぐらいとして換算される。新世代エコカーとしてもスマートな存在となっているんです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します