サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型クライスラー300、品質&価格競争力↑↑

ここから本文です

新型クライスラー300、品質&価格競争力↑↑

「300C」から「300」へ大幅チェンジ!

イプシロンに加え、この日の試乗会で乗ったもうひとつの新型クライスラーは、300という素っ気ない名前の大型セダンである。300というのは伝統的にクライスラーが用いているセダンの名称で、この新型は全長5m超、全幅1.9m超、ホイールベース3m超という立派なサイズの4ドアボディを持つ、現代流アメリカンフルサイズセダンというべきクルマだ。

クライスラー300は先代も300Cとして日本に導入されていて、そのスクエアなボディは記憶に新しい。その発展型といえる新型は、先代と見分けがつき難いといわれる。新型の見分け方としては、ヘッドライトやグリルのデザインが微妙に変わっている他、キャビン部分でAピラーの角度が先代より寝ているように見える。もしもそのとおりであるなら、おそらく空力を意識した変更と思われるが、どのメーカーもキャビン部分のアーキテクチャーにはマイナーチェンジでは手を入れないから、フルチェンジといえる変化と考えていい。

先代がデビューした際、そのプラットフォームは2世代前のメルセデスEクラス、W210をベースに開発されたといわれた。当時クライスラーはダイムラーの傘下にあったからで、たしかにそこにはサスペンションをはじめW210系のコンポーネンツも用いられていたが、実はクライスラーの独自開発によるものだったらしい。新型300に用いられているのは、その先代プラットフォームの発展進化型といっていい。

日本仕様300を簡潔に表現すれば、上記のサイズを持つ4ドアボディの内側に3.6リッターV6エンジンと8段ATを搭載、後輪を駆動するクルマということになる。サスペンションはW210メルセデスを遠い祖先に持つフロントがダブルウィッシュボーン、リアが5リンクの4輪独立。アメリカ本国では、5.7リッターと6.4リッターのV8搭載モデルも選択可能で、ヨーロッパを意識した3.0リッターV6のターボディーゼルも用意されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します