サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMWの最上級オープン「8シリーズコンバーチブル」が本国で発表

ここから本文です

BMWの最上級オープン「8シリーズコンバーチブル」が本国で発表

「BMW 8シリーズ」のオープン版が早くも発表された。クーペに続き、このたび写真が公開されたコンバーチブルは、欧州では2019年3月の発売が予定されている。

8シリーズコンバーチブルは、8シリーズクーペ、およびM8と並行して開発が行われた。最近のオープンはほとんどそうだが、後から屋根をぶった切って作られたものではなく、ボディ剛性や安全性は高いレベルが確保されているという。具体的には床下にブレース(補強材)が追加されるほか、フロントのウインドウスクリーンも万一の横転の際に生存空間を確保できるようにさらに丈夫に設計されているという。

ルーフは伝統的なソフトトップ式。もちろん電動開閉式で、屋根の開閉時間は15秒となっている。走行中でも50km/h以下であれば操作が可能だ。ソフトトップの色はブラックが標準で、アンスラサイトシルバーもオプションで選択できる。

屋根をオープンにすると、畳まれたソフトトップは完全にボディの内部に収納され、前方から後方にかけて跳ね上がるようなボディラインが美しい。

車内は4名分のシートが用意され、後席は50:50の分割可倒式。トランクルーム容量は350リッターが確保されている。なおトランクリッドはハンズフリーで開閉できる“コンフォートアクセス”が標準で備わる。またオープンならではの装備として、フロントシート用に上半身を暖める暖房機能“ネックウォーマー”がオプションで用意される。

ラインアップは、デビュー時には4.4リッターV8ガソリンターボを搭載する「M850i xDrive」(最高出力530hp、最大トルク750Nm)と、3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「840d xDrive」(最高出力320hp、最大トルク680Nm)の2モデルで、いずれも駆動方式は4WDとなる。

なお来年3月の発売に向け、ドイツ・ディンゴルフィング工場では11月上旬より8シリーズコンバーチブルの生産が開始されている。来年初夏の気持ちいい季節には日本での発売も期待できるかもしれない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します