サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > Z4 GT3に試乗。GT300クラス怒涛の走りとは?

ここから本文です

Z4 GT3に試乗。GT300クラス怒涛の走りとは?

超本格的なシート合わせに圧倒される?

11月の最終週に、スペインにて試乗会があります。参加できませんか? ちなみに国際B級以上の競技ライセンスはお持ちですか?

海外メーカーのモデルは、大抵が日本よりも自国での発表発売が早いので、新型車をいち早く日本でレポートしようと思うと、海外にまで試乗しに出かける必要が出てくる。しかし、今回のように上級の競技ライセンス保持を要求する誘いは異例だ。

詳しく聞いてみると、場所はスペイン南端にあるモンテブランコサーキット。約4.4kmの、レースも行われるが主にF1用のテストコースとして近年に作られたものだ。成田から2回の乗り継ぎで最寄りのセビリア空港に降り立ち、約1時間クルマに乗りサーキットへ。約24時間のドアtoドアの長旅の先に待っていたのは、驚くべきクルマだった。

BMW Z4 GT3。2013年度のニュルブルクリンク24時間レースなどに出場したBMWワークスのレーシングカーが、そのままそこに用意されていた。ちなみに日本では同様の車両が、スーパーGT300クラスに「GSR 初音ミク」号として参戦して強さを示している。

到着したのは現地時刻で19時。ご飯を食べるだけと思いきや、サイズピッタリのレーシングスーツからグローブなど一式を渡され、着替えさせられる。そしてZ4 GT3に案内され、始まったのは明日の走行のためのシート合わせだ。

レースカーは通常のクルマと違い、シートの前後スライドこそあるが、あとは自分の体に合わせてシートクッションの厚みや形状を変更して、体に馴染むように作り込む。そしてシートベルトで、体をシートに強く固定。身動きできないレベルまで締め上げる。

その状態でも、全てのスイッチに手が届き「作りは特別だけど、操作性の良さなど、考え方はBMWの通常モデルと同様だろ!」なんて担当エンジニアやメカニックと話しながら、各スイッチ類の説明、走行無線の確認、そして緊急時の車両脱出訓練を済ませて初日を終えた。

レーシングカーの試乗であることは予想できたが、現役時代を思いだす本格ぶりに圧倒された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します