サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサス、RC Fをマイナーチェンジ。軽量化と空力向上を中心に広範囲な改良

ここから本文です

レクサス、RC Fをマイナーチェンジ。軽量化と空力向上を中心に広範囲な改良

レクサスは13日、スポーツクーペ「RC」の高性能バージョンとなる「RC F」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは、軽量化と空力向上を中心に広範囲に手を加え、運動性能の向上を図っている。

2007年に「IS F」の誕生により登場した「F」モデル。その開発テーマには、“公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる”ことを掲げており、日常使いから本格的なスポーツ走行まで、万能に使えるクルマが目指されている。

今回力が注がれた軽量化については、従来モデル比で20kg軽くすることに成功している。またエクステリアには、レースで培われたノウハウを生かした空力デバイスが取り入れられた。具体的にはフロントスポイラーコーナーにカナード形状を取り入れ、ダウンフォースを高めたほか、サイドスカート後端の形状を工夫することでリアタイヤ周辺の乱気流を抑制。ホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減するエアアウトレットも採用している。

エンジンについては、出力を481psに向上させるとともに、吸気とスロットル制御の改良により、アクセルレスポンスを向上させている。またデファレンシャルをローギア化することで、アクセル操作によるコントロール性を高めた。さらに発進時にトルクを抑制することでタイヤの空転を防ぐローンチコントロールを採用し、鋭いスタートダッシュを可能とした。

タイヤもコンパウンドの材質までこだわった新開発のものが与えられ、エンジンマウントやサスペンションメンバーブッシュ、ステアリングブッシュなども専用品を採用している。

なおRC Fには、高性能バージョンとなる“パフォーマンスパッケージ”も設定される。これは、SUPER GTや米デイトナ24時間レースなど、「RC F GT3」によるレース参戦のノウハウを応用した、さらにスポーツ寄りに振った仕様。カーボンフロントスポイラーやカーボン大型ロッカーフィン、カーボンエクステリア(エンジンフード、ルーフ)、軽量鍛造ホイール(マットブラック塗装)、チタンマフラー、カーボンセラミックブレーキ、カーボンリアウイングなどを採用し、従来比で約70kgの軽量化を実現している。さらにブレーキディスクは前後同径の380mmとされ、レッドブレーキキャリパーの採用により、標準RC Fとの差別化が行われている。

RC Fの価格は以下の通り。
・RC F:1021万909円
・RC Fカーボンエクステリアパッケージ:1099万6364円
・RC Fパフォーマンスパッケージ:1404万円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します