サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 街中でもサーキットでも楽しめる30周年のマツダ ロードスター。9/7の筑波メディア4耐レースにはカービュー号も出走

ここから本文です

街中でもサーキットでも楽しめる30周年のマツダ ロードスター。9/7の筑波メディア4耐レースにはカービュー号も出走

1989年から続く日本のライトウエイトFRスポーツカー

「マツダ ロードスター」(ユーノス ロードスター)は1989年の初代NA型から2019年の現行ND型まで、発売から今年で30年。「人馬一体」といわれる走る楽しさが追求されたモデルで、パワープラントフレームを採用した軽量シャシと、フロントミッドシップに直列4気筒エンジンを搭載した2シーターFRライトウエイトスポーツカーです。30年間、車名やパッケージを変えずに存在し続けているライトウエイトスポーツカーは、日本の自動車文化の歴史としても貴重な存在かもしれません。

30周年記念限定モデルは完売

2019年4月5日にはロードスターの30周年記念限定モデルが発表されました。うち、ソフトトップモデルは4月5日からWeb商談受付が実施されましたが、直後に完売してしまったため、リトラクタブルハードトップモデル(RF)のWeb商談受付分が当初40台の計画販売台数から139台へ増やされました。既にRFも商談受付は終了してしまっていますが、価格は30周年記念車のベースとなるソフトトップのRS(6MT)が325万6200円、RFのRS(6MT)が381万2400円に対して、30周年記念車は、専用オレンジ塗装のBrembo社製対向4ピストンキャリパーブレーキや、刻印入りのRAYS社製鍛造アルミホイール、専用オレンジステッチのRECARO社製シートなどを装備して、ソフトトップモデル(6MT)が368万2800円、RF(6MT)が430万3800円という設定でした。高価な設定のモデルですが、装備やリセールバリューを考えるとお手頃だったのかもしれません。

次のページ>>現行ND型もラインナップが豊富

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します