サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ディスカバリーで初体験レベルの悪路を走破。快適性や使い勝手も十分

ここから本文です

新型ディスカバリーで初体験レベルの悪路を走破。快適性や使い勝手も十分

スタイリッシュな姿にやや複雑な思い

新型ディスカバリーはかれこれ5代目だ。初代と2代目、それから3代目と4代目はそれぞれ同じ骨格のまま進化したモデルチェンジだったので、シン・ゴジラ風にいうと5代目はディスカバリー第三形態ということになる。

華やかになったなというのが第一印象。四角四面だった先代とは打って変わって、角がとれたスタイリングとなった。スタイリッシュになったのは喜ばしいが、顔つきもハンサム。まるでレンジローバー・シリーズの一員になったようで、やや複雑だ。本家のレンジに加え、スポーツ、イヴォーク、ヴェラールと、今やレンジシリーズはほとんどセクシー軍団だ。ディスカバリーにはあまりギラギラした世界へ足を踏み入れないで、実直なオフローダーでいてほしい。個人の勝手な思いだが。

とはいうものの、途中でキックアップするルーフと太くて目立つCピラーという、初代から続くデザイン上のお約束は守られた。前から見ると幅広に見え、後ろから見ると縦長でミニバンのようにも見える複雑なシルエットが特徴だ。リアはトヨタ・エスティマのようだ。他意はない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します