サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ついに登場 アウディA1 ハイクオリティの魔力

ここから本文です

ついに登場 アウディA1 ハイクオリティの魔力

満を持しての登場

思えばそのコンセプトが最初に示されたのは東京だった。2007年秋の東京モーターショーでアウディが世界初披露した「メトロプロジェクト・クワトロ」こそ、まさにニューモデル「A1」の原形だったのである。

そこにも端的に表れているように、A1は大都市圏で生活するユーザーをメインターゲットに据えている。世界的に都市化の傾向はますます強まっており、それに伴ってコンパクトカーの需要も拡大の一途。しかもユーザーのダウンサイジング指向は顕著であり、またCO2排出量削減という波も追い風となっている。アウディにとって、日本未導入に終わったA2以来、久々のコンパクトカーの投入に向けた舞台は、まさに整っていたと言っていいだろう。

まずは簡単にプロフィールに触れておこう。全長3970mm×全幅1740mm×全高1440mmというスリーサイズは、車体の基本を同じくするフォルクスワーゲン・ポロより25mm短く、55mm広く、35mm低くなっている。ホイールベースは2465mmでポロより5mm短いことになる。

パワートレインは最高出力122ps、最大トルク20.4kg-mを発生する1.4・TFSI=直噴ターボエンジンと7速S-トロニックの組み合わせ。1.2・TSIを積むポロにはここでも差をつけているが、A1は車重がポロより90kg重くなっている。停車時にエンジンを自動停止するスタート・ストップシステムを搭載しているのもA1のトピックだ。

試乗車にはバイキセノンパッケージやスポーツパッケージといったオプションが装着されていた。しかし素の状態でも基本的な装備はすべて揃っていると言っていい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら