サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 本日発表! フィアット初のスモールSUV「500X」…価格は200万円台から

ここから本文です

本日発表! フィアット初のスモールSUV「500X」…価格は200万円台から

FCAジャパンが展開するフィアットブランドとして初のスモールSUV「フィアット 500X」が、来たる10月24日から発売される。今もっともホットなコンパクトSUV市場に、“イタリアン・クロスオーバー”という新しい風が吹き込んでくるのだ。

今回のニューモデル追加により、“チンクエチェント(チンク)”の愛称で親しまれている500ファミリーは、ベースの3ドア「500」、オープントップの「500C」、5速MTを採用したスポーティ仕様の「500S」、そして今回の「500X」というラインナップが出揃った。

キュート×アグレッシブ

先日発売された「ジープ レネゲード」とプラットフォームを共有する「500X」。ボディサイズは全長4,250×全幅1,795×全高1,610mmで、「500」と比べると70cmほど長く、17cmワイドで、10cm弱も背が高い。つまり、500ベースのスモールSUVというよりも、高い走破性を持つレネゲードの兄弟車と考えた方がより自然だろう。

もちろん、そのデザインは「500」や1950年代の「クラシック500」から継承したキュートさを盛り込みつつ、SUVらしいアグレッシブ感や力強さが表現されている。

また、扱いやすくも必要にして十分なボディサイズによって、4人乗車と小旅行までをこなせる懐の広さを持つ。後席は前方視界を確保するためにヒップポイントを上げたラップアラウンドシートを採用している。

街乗りから悪路までこなす走破性

エンジンは、全グレードで1.4リッターのマルチエアターボを搭載。駆動方式によって、エンジン出力や組み合わされるトランスミッション、タイヤサイズなどが異なる。

まずFFモデルは、6速デュアルクラッチとの組み合わせで最高出力140ps/最大トルク230Nmを発生。タイヤは215/55R17サイズを履き、JC08モード燃費は15.0km/Lをマークしている。

そして4WDモデルには、フィアット初の9速ATが組み合わされ、170ps/250Nmというパワーを発揮する。タイヤサイズは225/45R18。JC08モード燃費は13.1km/Lとなる。

3つのモードから選べるドライブセレクトは、全グレードで標準装備。街乗り向けに燃費を重視した「オート」、パフォーマンス重視の「スポーツ」、悪路走破性を高める「トラクション」が用意される。

「トラクション」を選ぶと、FFモデルではESCがブレーキを電子制御して擬似的なトルク配分を行い、4WDモデルではリアアクスルへのトルク伝達を積極的に行うことで、グリップ力や悪路走破性を向上させる。

グレードならびに価格

500X ポップスター(FF)=286万2,000円
500X ポップスター プラス(FF)=307万8,000円
500X クロスプラス(4WD)=334万8,000円

※「クロスプラス」は輸入SUVの4WDでもっともリーズナブル

次のページはスペック↓

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します