サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トヨタ「ライズ」試乗。トヨタとダイハツのいいとこ取りで、説得力のあるモデルに仕上がった

ここから本文です

トヨタ「ライズ」試乗。トヨタとダイハツのいいとこ取りで、説得力のあるモデルに仕上がった

試乗する前にとあるクルマのことを思い出してしまった

近年、自動車メーカー同士の協業がどんどん増えている。立場を忘れて、ただのクルマ好きとして無責任な発言をするなら「どれも似たようなクルマばかりになってしまうんじゃないか」と不安になる。そんな思いがあって、協業によって作られたクルマに乗るときには、一瞬身構えてしまう。

今回試乗したトヨタ「ライズ」に対しても同様だった。2016年にダイハツがトヨタの完全子会社となり、これまで軽自動車で培った技術をトヨタと共有し、ダイハツは主に小型車を両ブランドに向けて開発することとなった。ダイハツ「ロッキー」はそんな風にダイハツ主導で作られたクルマのひとつで、ライズはその兄弟車というわけだ。

ライズに試乗する前に、どうしてもこれまで両ブランドで販売されている「パッソ」と「ブーン」、「ルーミー/タンク」と「トール」のことを思い出してしまった。正直、これらのクルマは運転しても特に何も感じないクルマだった。別に批判したい訳ではなく、そういうものとして作られたクルマなのだろう。

使い勝手などの明確なユーザーベネフィットを最優先にしているから、「運転が楽しい!」と感じるための開発を優先順位の後ろに回しているだけ。確かにそうだ、誰しもがクルマの運転に楽しさを求めているわけではない……。それは分かっているのだが、個人的にはそれを少し残念に思ってしまう。

「楽しい」まで行かなくてもいい、ただクルマの存在をきちんと感じられて、何か大切なものを動かしているという実感がほしい。それが運転している時の安全につながるかもしれないという思いもあるが、それよりも単純に、決して安くはないお金を支払い、決して短くない期間を一緒に過ごすものに対して、心からの愛着を持てないなんて悲しいからだ。外見や使い勝手だけではない、肌と肌が触れた時に感じる人柄(車柄?)は個人的にクルマのとても大切な部分だと思っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します