サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ポルシェ初のコンパクトSUV、マカン同乗試乗

ここから本文です

ポルシェ初のコンパクトSUV、マカン同乗試乗

マカンのテクノロジーを徹底取材

LAそして東京のモーターショーでほぼ同時に発表され、今年後半の日本上陸が予定されているポルシェ初のコンパクトSUV「マカン」。ポルシェは昨年末、世界中のメディアやジャーナリストをドイツ北部にあるADAC(ドイツ自動車連盟)のテスト施設に招いて、そこに採用されているテクノロジーについて詳解するテクニカルワークショップを開催した。

まず改めてプレゼンされたのは、マカンのポジショニング、市場投入の意味である。2004年のBMW X3のデビュー辺りから本格化したコンパクトSUV市場の拡大は目下さらに勢いを増していて、2018年には年間120万台規模にまで膨れ上がると予想されている。ここに投入されるマカンは、アウディQ5などに使われているVWグループの"MLB"と呼ばれるエンジン縦置きの基本アーキテクチャー、要は主要部分を活用して生み出された。生産はカイエンなどと同様にドイツ・ライプツィヒ工場。ポルシェはボディ組み立てや塗装工程などの設備拡張を行ない、量産に備えてきた。

VWグループのアーキテクチャーを使うという意味では、VWトゥアレグやアウディQ7とカイエンの関係と同様と言える。では、その走りはいかにポルシェらしく仕上がっているだろうか。すでにポルシェAGはドリフトしまくっているマカンの動画を公開している。その走りは、どんなテクノロジーによって実現されたのか、じっくり聞き込み、そして"味わって"きたので報告しよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら