サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新開発のプラットフォーム&パワートレーンにプロパイロットまで! 気合い入りまくりの日産 デイズが発表

ここから本文です

新開発のプラットフォーム&パワートレーンにプロパイロットまで! 気合い入りまくりの日産 デイズが発表

軽自動車初のプロパイロット採用で遠くに出かけられる軽自動車に

3月28日、新型「日産 デイズ」の発表会が横浜の日産グローバル本社ギャラリーで行われました。日産が平成最後に発表する久々の新車、デイズ。発表会の冒頭、壇上に立った星野朝子専務執行役員が「技術の日産が、軽自動車の常識を変えるべく、魂を込めて生み出した」とぶち上げた気合いの入った内容を見ていきましょう。

6年ぶりにフルモデルチェンジされた新型デイズは、日産と三菱の合弁会社NMKVのもとで、企画・開発を日産、生産を三菱が行っています。三菱主導だった初代から、日産主導となったわけですが、その変化がわかりやすく反映されているのが、軽自動車初の“プロパイロット”の搭載です。

プロパイロットは、ハイウェイスターの「プロパイロットエディション」というグレードに搭載されていて、高速道路で車間距離をキープするとともに、白線を検知し、ハンドルをアシストすることで、車線中央をキープ。家族で遠くに出かけられる軽自動車を目指したという新型デイズですが、プロパイロットを活用すれば、長距離ドライブの巡行時や渋滞時の疲労は大幅に軽減されそうです。

また、こちらはメーカーオプションのみとなりますが、軽自動車初の「SOSコール」を搭載。交通事故や急病などの際に、任意でコールボタンを押すことで専門オペレーターへ位置情報などのデータ通信と音声通話を行うことができます。また、エアバッグが作動した際には自動通報も可能となっています。

エクステリアは、スタンダードとハイウェイスターという2つのラインアップはこれまで通りですが、セレナやリーフなどでもお馴染みのVモーショングリルや、ルーフを浮かせたように見せる“フローティングルーフ”を採用。全17色あるボディカラーの内、ボディとルーフの色を変えたツートーンが4種類用意されています。

次のページ>>先代に比べて商品力は確実に向上しているが市場の反応はどうか

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します