サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 【ワークス合同試乗会】NISMOはクルム選手も認めたGT-Rバージョンアップメニューに注目

ここから本文です

【ワークス合同試乗会】NISMOはクルム選手も認めたGT-Rバージョンアップメニューに注目

伊豆の日本サイクルスポーツセンターで開催された「2016 ワークスチューニンググループ合同試乗会」。NISMO、無限、TRD、STIのワークスチューナー4社が合同で開催したメディア向け試乗会には、各社が誇る最新デモカーが勢揃い。日本を代表する4社が手掛けたチューニングカーは、どんな魅力を備えていたのか? 初回はNISMOを紹介する。

GT-R 07~10年モデルをベースにバージョンアップ

NISMOがデモカーとして用意したNISSAN GT-Rは、2008年モデルがベース。数々のNISMOオリジナルパーツと各イヤーモデルから厳選した純正パーツを組み合わせたバージョンアップメニューが施されている。

ご存じの通り、R35 GT-Rは07年の発売以来、年次改良やマイナーチェンジによってエンジン出力や内外装などが変更されているが、こちらのバージョンアップメニューは、ひとまず07~10年モデルが対象。つまりGT-Rとして最初期にあたる07~10年モデルの保有オーナー、あるいはそれらのモデルを中古で手に入れようとしている新規オーナーに向けて、その性能をより新しいモデルに準じたパフォーマンスにまで引き上げ、長く楽しみましょうという、NISMOからの提案なのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します