サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型Nワゴン発売。これからはシンプルスタイルがくる!?

ここから本文です

新型Nワゴン発売。これからはシンプルスタイルがくる!?

ホンダの軽初「全車速対応ACC」を標準装備

ホンダは新型軽自動車「N-WGN/N-WGN Custom(エヌワゴン/エヌワゴンカスタム」を8月9日より発売します。先代と同じ2種類のスタイルを用意していますが、ノーマルは丸いライトが特徴的なシンプルなもの、カスタムは角目に大きめのグリルを組み合わせたやや押し出し感のあるもので、いずれも先代とは違った印象になりました。価格は127万4400円(エヌワゴン)から。

ホンダの軽初の装備として、渋滞追従機能付きの全車速対応「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」を全車標準装備しました。前走車に合わせて停止まで行い、停止後3秒以内であれば再発進、それ以上経過すると停止保持します。レジュームボタンもしくはアクセルを踏み込むことで再発進します。

同じくホンダの軽としては初となる、ステアリングの前後調整機能「テレスコピック」を採用しました。前後に30mm調整可能です。もちろんチルト機能(上下調整)も備えており、30mm上下に調整できます。

プラットフォームは2017年に発売された2代目「N-BOX」のものをベースにエヌワゴン専用設計としたもの。センタータンクレイアウトによる低床パッケージは先代と同じですが、リアゲートの開口部が床面まで低く大きく開くようになったことで、重い物を高く持ち上げずに積むことができます。さらに荷室用ボードを使って荷室を上下2段にし、下段に重い荷物、上段に軽い荷物と積み分けが出来るように工夫されています。また上段は後席背もたれを前に倒してラゲッジとした時の高さとツライチになるので、大きな荷物が積みやすくなっています。

5年後はシンプルデザインがトレンドになっている?

ホンダ往年の名車「ステップバン」を知る人であれば、その面影をノーマルモデルに感じたりしますが、開発責任者の古舘さんいわく「5年先のトレンドを考えながらデザインを進め、その結果シンプルなスタイルにたどり着きました。たしかにステップバンを知る方であればそういう印象を持つかもしれませんが、若い世代は知りません。その人その人それぞれのイメージを持って、新しいクルマとして気に入ってもらえたら嬉しいですね」とのこと。ギラギラしたデザインのクルマが多い中で際立つシンプルデザイン。マーケットの反応が気になる一台です。

【 ホンダ Nワゴンのその他の情報 】
ホンダ Nワゴンの中古車一覧
ホンダ Nワゴンのカタログ情報
ホンダ Nワゴンの買取相場

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します