サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > VWの新フラッグシップ「アルテオン」が日本上陸。価格は549万円から

ここから本文です

VWの新フラッグシップ「アルテオン」が日本上陸。価格は549万円から

VWの新たなフラッグシップモデル、新型「アルテオン」が日本上陸を果たす。流麗なファストバックスタイルを採用した同モデルは、セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを融合させたグランドツーリングカーという性格が与えられている。

搭載するパワートレーンは、2.0TSIエンジン+7速DSG+4MOTION(4WD)のみ。価格は「R-Line 4MOTION」が549万円、安全&快適装備を充実させた「R-Line 4MOTION Advance」が599万円。10月25日のプレスデーから始まる東京モーターショーにも展示される。

堂々たるボディと広々とした室内

新型アルテオンのボディサイズは、全長4865×全幅1875×全高1435mm。これまで日本でのフラッグシップを担ってきたパサートと比べると、80mm長く、45mmワイドで、30mm低い。

2835mmのロングホイールベースを活かした後席&ラゲッジスペースも大きな特徴になる。後席の足元スペースはクラストップレベルのゆとりがあり、通常時563Lから最大1557Lまで広がるラゲッジスペースはワゴンと同等レベルの積載力がある。

スポーティかつ流麗なプロポーション

スポーティなR-Lineを採用するデザイン面では、水平のフロントグリルバーがそのままLEDヘッドライトと一体となってつながる大胆なフロントマスクが印象的で、デイタイムランニングライトも初採用。また、ホイールアーチの上まで覆うボンネットによって、ワイド感をさらに強調している。

サイドウインドーはフレームレスとし、さらにガラスエリア全体をクロームで縁取ることで、エレガンスさを際立たせている。LEDテールランプには、“流れるウインカー”のダイミックターンインジケーターを採用した。ボディカラーは全6色から選べる。

ブラック基調のインテリアは、ナパレザーのシートトリムや本アルミを用いたデコラティブパネル、ピアノブラックのセンターパネルなどを採用し、フラッグシップに相応しい上質さを追求している。

2.0TSIエンジン+7速DSG+4MOTIONのみ

本国ではFF(2WD)の設定もあるアルテオンだが、日本に導入されるモデルは4MOTION(4WD)のみとなる。搭載する2.0TSIエンジンは最高出力280ps/最大トルク350Nmを発生。ギアボックスは、ゴルフRと共通の湿式7速DSG(デュアルクラッチ)を組み合わせる。

運転支援システムも充実しており、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)や渋滞時追従支援システム、レーンキープ&レーンチェンジアシスト、リヤビューカメラ&パークディスタンスコントロール、前方&後方に対応する自動ブレーキなどを標準装備する。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します