サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダの本気!新型ステップワゴン&ヴェゼルのカスタムモデルやシビックタイプRの実車を堂々の初公開。待望の東京オートサロン2022開幕!

ここから本文です

ホンダの本気!新型ステップワゴン&ヴェゼルのカスタムモデルやシビックタイプRの実車を堂々の初公開。待望の東京オートサロン2022開幕!

注目は新型ステップワゴン&ヴェゼルのカスタムカーとシビックタイプR!

1月14日(金)より幕張メッセで開催された「東京オートサロン2022」。2年ぶりのリアル開催ということで、carview!編集部も参戦し注目のブースや車種を紹介していきます!※一般公開日は15(土)・16(日)

ホンダブース最大のトピックは、この東京ASでベールが明かされる新型ステップワゴンのカスタムモデル、ヴェゼル e:HEV Modulo X、シビックタイプRの実車初公開。いずれも人気車種のカスタムモデルとあって、ホンダファンならずとも期待が高まります。

今回ホンダは「e:HEV」「Nシリーズ」「スポーツモデル」の3テーマでブースを展開。全ブースを通して多彩なカスタマイズモデルや市販予定車などが展示されています。

ステップワゴンe:HEV SPADA Concept【e:HEVエリア】

今年1月7日のジャパンプレミアで初公開された新型ステップワゴンをベースにカスタム。コンセプトは「低重心」で、市販モデルが持つスポーティーさをより尖らせたモデルです。ホイールは市販モデルの16インチに対して18インチを装着。タイヤはポテンザの225/45R18と、かなり攻めた仕様となっています。もともと新型の市販モデルは「安心と自由」を表現していますが、本作はシニアチーフエンジニアが東京AS向けに並々ならぬ意欲で仕上げた「綺麗なワイルドさ」を際立たせたモデル。2022年春ごろの市販化を目指しているそうですが、今回登場した実車はあくまでコンセプトモデル。細かい仕様やカラーなどは未定とのこと。

ヴェゼル e:HEV Modulo X【e:HEVエリア】

2021年4月に発売された新型が好調なヴェゼルから、純正コンプリートモデルが登場。実効空力(※日常の速度域でも体感できる空力効果のこと)の設計思想を取り入れたエアロパーツの採用や、専用セッティングが施された足回りなど、ベースモデルに磨きをかけたコンプリートカーとして絶賛開発中のモデルです。開発アドバイザーには土屋圭市を起用。ホンダアクセスの開発者とともに、匠の技で走りを磨き上げたホンダ純正のコンプリートカーに仕上がっています。

シビックタイプR【スポーツモデルエリア】

2022年内の発売を予定しているシビックタイプR。展示車両はカモフラージュが施されていたものの、やはり醸し出すオーラが違います。本モデルは東京AS限定展示となるため、ファンなら必ず目に焼き付けておきたいものです。

その他、昨年の東京ASで公開された「フィット e:HEV CROSSTAR カスタム」、Nシリーズ共通の新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」の第1弾モデル「N-BOX Custom STYLE+ BLACK」、ホンダアクセスが手がけた「N-WGN PICNIC」など、見るだけでワクワクするモデルが展示されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します