サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 大幅パワー向上したポルシェ マカンの改良モデルは次期型の中継ぎどころか、集大成的な仕上がりだった

ここから本文です

大幅パワー向上したポルシェ マカンの改良モデルは次期型の中継ぎどころか、集大成的な仕上がりだった

次期型はEVなのに発売7年目の現行型が延命される理由とは?

ポルシェのミッドサイズSUV「マカン」は発売以来8年になるが、販売台数ではカイエンに次いで同社のナンバー2のポジションを得ている。とくに中国では好調で全生産台数の50%が輸出されているほどである。

そして2023年にはフルEVバージョンが発表されることが公式にアナウンスされている。しかし、それは現行のICE(内燃エンジン)搭載モデルをベースにした電動化モデルが2年後に登場することを意味しない。マカンEVは間もなく登場する「アウディ Q6 eトロン」と同じPPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)を使用、全く新しいモデルに変身するのだ。

そして、ガソリンエンジン搭載のマカンは冒頭に述べたようにICEの使用がまだ当面禁止されない中国やアメリカなどに向けて、しばらくは並行して販売される事になることも決まった。そのために2018年のフェイスリフトから数えても、もう3年目に入った現行モデルが、ふたたびリフレッシュされることになったのである。

今回のニュー・マカンでもっとも大きな変更はラインアップの整理で、ベースモデルの「マカン」、「マカンS」、「マカンGTS」は残るが、頂点モデルだった「マカン ターボ」がカタログから落とされる。それに伴って各モデル共に以下のようにパワーアップする。

まず、頂点モデルとなった「GTS」は2.9リッターV6ツインターボエンジン(EA839)のベースは変わらないが、最高出力440 ps(+60ps)/最大トルク550Nm(+30Nm)と旧ターボと同じ数値を得た。0-100km/hも4.5(※4.3)秒と同等、最高速度は272km/h(+11km/h、旧ターボは270km/h)でわずかに向上している。

次に、「マカンS」は搭載エンジンがGTSと同じ2.9リッターV6ツインターボエンジンとなり、最高出力380ps(+26ps)/最大トルク520Nm(+40Nm)と旧GTSと同等に向上、0-100km/hは4.8(※4.6)秒、最高速度は259km/h(+5km/h、旧GTSは261km/h)となった。

最後に、ベースモデルの「マカン」は2リッター4気筒シングルターボエンジン(EA888)の基本は変わらないが、265ps(+20ps)/400Nm(+30Nm)を得て0-100km/hは6.4(※6.2)秒、最高速度は232km/h(+7km/h)に向上した。

※()内は旧モデル比。※印の数値はスポーツクロノ搭載モデル。すべてのモデルに7速のPDKが標準で搭載されている。

ポルシェ マカンのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

ポルシェ マカンの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します