サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 年内終了のホンダ オデッセイは昨年の改良で内外装が進化。価格のこなれたガソリンモデルがねらい目

ここから本文です

年内終了のホンダ オデッセイは昨年の改良で内外装が進化。価格のこなれたガソリンモデルがねらい目

2016年にハイブリッド追加、2020年に内外装が大幅進化

「ホンダ オデッセイ」は、その初代モデルは1994年に発売されたホンダの低ルーフミニバンです。初代はミニバン離れした優秀な走行性能により大ヒットを記録し、現在は2013年11月に発売となった5代目のオデッセイが現行モデルとして販売されています。

>>ホンダ オデッセイのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

現行型のオデッセイは、後部ドアをヒンジ式からスライド式に改め、全高も1695mmと高めに設定。これにより、いわゆるミニバンらしいフォルムへと生まれ変わっています。とはいえ、天井を高めた一方で床面は下げる「超低床プラットフォーム」を採用しているため、歴代モデルが掲げてきた「走りの良さ」は十分に維持されています。

背が高くなり、床面が下がったことで室内高は先代比105mmアップの1325mmに拡大し、全長とホイールベースが伸びたおかげで、1列目シートから3列目シートまでの座席間距離(ヒップポイント間の距離)も伸びています。なおかつその状態でラゲッジスペースに21インチサイズのスーツケース7個を積載できるというのも、現行型オデッセイのセールスポイントです。

登場当初のパワートレインは2.4L直4ガソリンエンジン+CVTのみで、標準モデルの「オデッセイ」は最高出力175ps、ワイルド系な上級モデルである「オデッセイ アブソルート(ABSOLUTE)」は190psにセッティングされていました。

その後2016年2月にはハイブリッド版を追加し、2017年11月のマイナーチェンジを経て、直近では2020年11月に再びマイナーチェンジが行われました。

このマイナーチェンジでは、厚みを増したボンネットと大型グリルに薄型のヘッドライトを加えることで「力強さ」を感じさせるフロントフェイスに変更。リアコンビライトもシャープで立体的な造形となり、前後のウインカーは内側から外側に向かって流れるように点灯する「シーケンシャルターンシグナルランプ」を全車に標準装備しました。

このタイミングで内装のデザインも変更し、メーターパネル内の液晶パネルは3.5インチから7インチに大型化。また後席のパワースライドドアには、流れる光に手をかざすことで開閉できる「ジェスチャーコントロールパワースライドドア」機能を国内初採用しました。

安全装備に関しても、2015年1月から搭載されている運転支援システム「ホンダセンシング」の内容を充実させ、それまでの「衝突軽減ブレーキ」「誤発進抑制機能」「先行車発進お知らせ機能」「標識認識機能」「車線維持支援システム」「路外逸脱抑制機能」「アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速対応)」に加え、「後方誤発進抑制機能」が追加されています。

次のページ>>超モデル末期なので400万円以上するハイブリッドはやや微妙

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します