サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 完全刷新クラウン 車幅と最小回転半径にクラウンイズムを残す

ここから本文です

完全刷新クラウン 車幅と最小回転半径にクラウンイズムを残す

トヨタは6月26日に新型クラウンを発売しました。15代目となったクラウンは全車に車載通信機「DCM(データ コミュニケーション モジュール)」を搭載しました。これによって様々なコネクティッドサービスを受けることができます。また、先進予防安全技術「トヨタセーフティセンス」や「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」を採用したことで安全性能と走行性能が向上。特に走行性能はクラウン史上初となるニュルブルクリンクでの走行テストを行い、足を鍛えました。

カローラとともにトヨタの初代コネクティッドカーとなった新型クラウンは、トヨタが展開するコネクティッドサービス「Tコネクト」を3年間無料で使用することが出来ます。このサービスではクルマの状態を取得し運転傾向を診断してエコ運転や安全運転の指南を自動で行ったり、点検時期やメンテナンスのアドバイスを受けたりすることができます。また故障などの車両の異常を検知した際にはクルマを通じてコールセンター(もしくは販売店)と連絡を取ることなども可能です。他にもドアロック状態やハザードなど、施錠し忘れや消し忘れなどを確認して遠隔でON/OFF操作することも出来ます。その他には専任のオペレーターに目的地近隣のホテル・レストランの予約を依頼することや、LINEを介して目的地の登録や天気の確認、ガソリンの残量などのクルマの情報を取得することが出来ます。

トピックはコネクティッドだけではありません。スポーティセダンの創出を狙ったというエクステリアは、クラウン初の6ライトウィンドウを採用。これまでのクラウンと違ったイメージのものとなっています。インテリアは、インパネ上面を低く抑えたことで視覚的な開放感を得ています。センターには手前側に操作用の7インチ、遠方に視認用の8インチというダブルディスプレイを設置。使いやすさと見やすさを両立しています。

プラットフォームに「TNGA」を採用しパワートレーンの低重心化を実現。さらにフード、フェンダーにアルミを使うなどして前後重量配分を最適化しています。サスペンションはフロントにハイマウント式マルチリンクサスペンション、リアにマルチリンクサスペンションを採用しています。静粛性向上技術として「アクティブノイズコントロール」というノイズキャンセラーを採用。スピーカーから逆位相の音を出すことで静粛性を向上させています。

パワートレーンは3種。1つ目はレクサスLSと同じV6 3.5リッター直噴ハイブリッドで、299ps/6600rpm、356Nm/5100rpmを発揮するエンジン×モーター(180ps/300Nm)に10段変速制御をもつ電気式CVTを組み合わせ、システム出力は359ps。2つ目はカムリのエンジンを縦置きにした直列4気筒 2.5リッター直噴ハイブリッドで、184ps/6000rpm、221Nm/3800-5400rpmを発揮するエンジン×モーター(143ps/300Nm)に電気式CVTを組み合わせ、システム出力は226ps。3つ目は直列4気筒 2リッター直噴ターボで、245ps/5200-5800rpm、350Nm/1650-4400rpmを発揮し、8速ATと組み合わせます。

先進予防安全技術は「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備。夜間も可能な歩行者検知、自転車運転者検知(昼間)他、最新の先進予防安全技術を搭載しています。もちろん全車速追従のレーダークルーズと、操舵支援を行うレーントレーシングアシストも含まれています。

コネクト技術をはじめトヨタの最新技術がフル装備となった新型クラウンですが、車幅を1800mm以下に抑えることと、最小回転半径を5.3m(前モデルの2WDで5.2m)にすることで国内での使いやすさにこだわったそうです。各国内メーカーの高級車が海外市場を意識してどんどん大型化する中、新型クラウンは今回も“日本(専売)の高級車”として、そのクラウンイズムは15代目にも継承されました。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します