サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデス、新型AクラスのAMG版「A35 4マチック」を本国で発表

ここから本文です

メルセデス、新型AクラスのAMG版「A35 4マチック」を本国で発表

独メルセデス・ベンツは9月19日、AクラスのAMGバージョンであり、AMGブランドの新たなエントリーモデルを担う「A35 4マチック」を発表した。

AMGが送り出すCセグメントホットハッチの新バージョンとなるA35 4マチック。今春登場した新型Aクラス初のAMGモデルにあたり、AMGブランド全体のボトムレンジを担う。なおメルセデスは、今後さらにパワフルな「A45 4マチック」をラインアップすることも明らかにしている。

A35 4マチックの心臓は最高出力306hp、最大トルク400Nmを発揮する2リッター4気筒ターボで、駆動力は7速DCTを介して4輪に伝えられる。A45には譲るもののCセグメントハッチには十分過ぎるパワーであり、0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は250km/h(リミッターにより制御)と一昔前のスーパーカーに肩を並べる水準だ。また、このエンジンは高強度の鋳造アルミニウム製クランクケースを用いることで軽量化も同時に達成し、鼻先の重量が減ることでハンドリングへの貢献も期待できる。

AMGによるチューンはボディにも及び、エンジン下にアルミ製のプレートを追加することでフロントのねじれ剛性を高めたほか、同じくフロントの開口部には対角線方向の補強が施され、ターンイン時のコントロール精度が高められている。ほかにも、強化されたブレーキ、スポーツエグゾースト、アダプティブダンピングなど走りを高めるアイテムは盛りだくさんだ。

インテリアは、新型Aクラス同様、2枚の大型液晶パネルを横につなげたインパネが特徴の先進的なデザインで、音声コントロールの「MBUX」も装備する。もちろん、AMGモデルにはノーマルのAクラスにはない特別なディスプレイも用意され、新たにタッチコントロール機能が追加されたフラットボトムのステアリングとともにレーシーなムードを盛り上げてくれる。

A35 4マチックは10月2日に開幕するパリモーターショーでお披露目された後、来年1月からデリバリーがスタートする見通し。400馬力オーバーのモンスターとなるA45 AMGに対し、こちらは肩肘張らずにドライビングプレジャーを楽しむためのマシンという位置付けだろう。普段使いもこなす新たなホットハッチの日本導入を期待したい。