サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ クラウン 日本に特化した文化遺産的な一台。3種のパワーユニットの選び方は?

ここから本文です

トヨタ クラウン 日本に特化した文化遺産的な一台。3種のパワーユニットの選び方は?

1800mmにどどめた全幅と3種のパワーユニット

トヨタ「クラウン」は、「1955年から」という非常に長い歴史を持つ、日本を代表すると言っても過言ではない高級サルーン。現在は、2018年6月に登場した15代目(!)のクラウンが、現行型新車として販売されています。

先代のクラウンは、保守的なデザインの「クラウン ロイヤル」と、スポーティな「クラウン アスリート」という2つのシリーズが用意されていましたが、現行型では「クラウン」に一本化。そしてロングホイールベースの上級シリーズである「マジェスタ」も廃止されました。

トヨタの新しい車作りの指針「TNGA」に基づいて一新された低重心プラットフォームに載るボディは4ドアクーペ風のプロポーションで、サイズは全長4910mm×全幅1800mm×全高1455mm。今や多くの国産車が「全幅1800mm」を超えていますが、クラウンは従来どおり1800mmにとどめています。

現行型クラウンに採用されたパワーユニットは計3種類。ひとつは2L直4直噴ターボで、これは先代と基本的には同じですが、最高出力は10ps向上しています。もうひとつが2.5L直4エンジンをベースとするハイブリッドで、こちらは226psのシステム最高出力を発生。そしてもうひとつのパワーユニットが、トヨタブランドとしては初採用となった3.5L V6エンジンによる「マルチステージハイブリッド」。システム全体で359psを発生するこれは、レクサスLCなどと基本的には同じものです。

トランスミッションは2Lターボには8速ATが組み合わされ、2.5Lハイブリッドには電気式無段変速機、3.5Lハイブリッドには10段制御の「マルチステージハイブリッドトランスミッション」という組み合わせになります。また駆動方式はFRが基本ですが、2.5Lハイブリッドには4WDも用意されています。

3種類あるパワーユニットそれぞれの特徴は、

●3.5L V6|相当パワフルでスポーティ。クラウンという車をアグレッシブに走らせたい人向き

●2.5Lハイブリッド|力強いが静粛性が高い。クラウンであることをさりげなく主張し、静かに堪能したい人向き

●2Lターボ|比較的軽量かつ8速ATと組み合わされるということもあって、切れ味を感じる。クラウンという車を若々しいニュアンスで走らせたい人向き

というニュアンスです。

また現行型クラウンのグレードは大きく分けて「標準」と「RS」に分かれていて、「標準」は文字どおり標準的ですが、「RS」のほうはホイールサイズが18インチとなり、ECB(電子制御ブレーキシステム)なども採用されています。

グレード構成 ※FRモデル
<ハイブリッド>
・3.5L HYBRID G-Excutive 739万3000円
・3.5L HYBRID RS Advance 710万7000円
・2.5L HYBRID RS Advance 597万9000円
・2.5L HYBRID G 587万9000円
・2.5L HYBRID RS 531万9000円
・2.5L HYBRID S 520万2000円
・2.5L HYBRID RS-B 495万3000円
・2.5L HYBRID B 489万9000円
<ガソリン>
・2.0L RS Advance 575万9000円
・2.0L RS 509万9000円

次のページ>>日本市場に特化したセダン

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します