サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 14代目デビュー直前!歴代クラウンを振り返る

ここから本文です

14代目デビュー直前!歴代クラウンを振り返る

■日本を代表する高級セダンにしてトヨタのフラッグシップ

1955年に産声をあげたトヨタ・クラウンは現在で13代目を数える。「高級で高性能なセダン」。これは現在もクラウンに対する衆目の一致する見方であり、またそれはクラウンに課せられた宿命ともいえる。

トヨタ自動車の創立は1937年。その創業社長である豊田喜一郎氏の国産高級車開発に賭ける熱い思いから誕生したこのクルマは、半世紀を経た現在でもその息吹を大切に持ち続けている。そして創業者の孫である現トヨタ自動車社長・豊田章男氏のもと、14代目が年内にデビューするという。いったいどのようなクルマとして我々の前に登場してくるのか、高級車に縁がないという向きも、気になる話題ではないだろうか。

ちなみにトヨタにおけるフラッグシップカーというポジションは、1989年からしばらくセルシオに移ったものの、2006年にセルシオが新型LSとしてレクサスブランドに移行したことで、再びその地位はクラウンが奪還している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します