サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > PSAの2011総括&展望 3気筒208もチョイ出し!

ここから本文です

PSAの2011総括&展望 3気筒208もチョイ出し!

日本人に取っての分かり易いフランス車とは?

2011年はつくづくシトロエンの年だったと思う。もちろん個性と実用を併せ持つゴルフクラスのC4や、それにさらに濃い味付けを施したDS4の登場などもあるが、なによりも台数! ブランド全体の伸びがハンパなかったからだ。2011年だけで3100台! 3000台オーバーは実に16年ぶりのことで前年比は3割増し。中でもそれを牽引したのがコンパクトカーのC3だ。デビューは10年だが、11年はその1割増しの1100台以上を売り切る予定。

でも、不肖小沢から言わせて貰うと実車に乗った時点である程度それは読めていた。とにかく分かり易すぎるくらい“おフランス”してたからだ。年末のオール試乗会で再確認したが、とにかく見た目からして分かり易くキュート! 旧型に比べ多少エレガント路線になったが、それでも独特の美しい丸いフォルムは知らない人にも漠然とフランス文化を思い起こさせる。

その上乗ると本当に優しい。フランス車らしいしなやかな足だけでなく、シートからしてふかふかの“マシュマロタッチ”。エンジンは120psの1.6リッターノンターボで4AT仕様なところが物足りないが、街中で乗る分には十分。なにより一番安いグレードで209万円とお手頃価格なのがうれしい。

トランクも300リッターと全長4m切りの割にあり、意外にも嬉しいのがツルっとしたオデコのようなゼニスウィンドウ。「交差点で信号が見やすい」との評価もあるようで、「家政婦はミタ」に心ワシづかみ! ヴィッツなど国産車からの買い換えが多いのも頷ける。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら