サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スポーティと快適、エレガントと実用。良バランスと手頃なサイズが受けそうなBMW2シリーズグランクーペ

ここから本文です

スポーティと快適、エレガントと実用。良バランスと手頃なサイズが受けそうなBMW2シリーズグランクーペ

スペース効率に優れるFFでファミリーカーとしても使える

新規車種として新たにラインアップに加わることになったBMW2シリーズ グランクーペ。4ドアクーペのグランクーペは2012年の6シリーズに始まり、4シリーズ、そして6シリーズが上級移行したかたちの8シリーズで展開され、現在までに累計40万台が販売されたというからまずまずの成功を収めているといえる。

それを、プレミアムブランドで伸びているコンパクトクラスと掛け合わせればスマッシュヒットとなる可能性は大きい。1シリーズのハッチバックよりも豊かなライフスタイルを連想させ、モデルチェンジで少々大型化した3シリーズセダンよりも都市部で使いやすい。日本でも大いに注目されるモデルだろう。

2シリーズにはFR系のクーペ/カブリオレとFF系のアクティブツアラー/グランツアラーがあるが、グランクーペはFF系。流麗なスタイルと実用性を兼ね備えるグランクーペをコンパクトクラスで成立させるには、スペース効率に優れるFF系が有利だからだ。

FR系のクーペ/カブリオレに比べると後席のレッグルームは33mm長くなり、ラゲッジルームは40L増の430L。後席のアクセス性も悪くなく、座ってみてもクーペスタイルのわりには余裕がある。身長180cmの人でも満足いくレベルだったからファミリーカーとしても十分に使えるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します