サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 限定88台。アストンマーティン V12スピードスターは、フルオーダーでお値段最低1億円

ここから本文です

限定88台。アストンマーティン V12スピードスターは、フルオーダーでお値段最低1億円

公開された個体は戦闘機のF/A-18をイメージ

アストンマーティンはエキスパートドライバー向けのリミテッド・エディションとなる「V12スピードスター」を発表しました。限定数は88台で、屋根はもちろんウィンドスクリーンさえないオープン2シーターとなります。

価格は最低765,000英ポンドからで、日本円に換算すると約1億500万円(1英ポンド約137円)。すでにオーダーを受付中で、デリバリーは2021年第一四半期から開始予定です。

V12スピードスターを手掛けているのは、アストンマーティンのパーソナライゼーション・サービス部門である「Q by Aston Martin」で、同社の歴代レーシングマシンと、航空機デザインからのヒントを得ていていると言います。今回公開された個体は“ホーネット”の愛称で知られる米国戦闘機「F/A-18」をモチーフとしたスカイフォール・シルバーのボディ色となっています。

ボディはアストンマーティン最新の接着アルミニウム構造を採用しつつ、DBSスーパーレッジェ―ラやヴァンテージのエレメントを流用し、約12ケ月という短期間で集中的に開発されたとのこと。サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクとなり、コイルスプリングとスポーツ/スポーツ+/トラックの3モードを切り替えられるアダプティブ・ダンパーが組み合わされています。

標準装備されるブレーキシステムはフロント410mm、リア360mmのカーボンセラミックディスクを装着。21インチ鍛造アルミホイールにはセントラルロックメカニズムを採用するなど、レーシングマシンさながらのスペックです。

フルオーダーのいわゆる“ビスポーク”となるボディはそのほとんどがカーボンファイバー製で、1959年にル・マン24時間レースを制したDBR1や、1953年型DB3Sなどとの関連性が感じられるスタイルとなっています。

特徴的なボンネットは長期間に渡って封印されていた“ノストリル”と呼ばれるデザインを復活させていて、その下に搭載されている最高出力750ps、最大トルク752Nmを誇る5.2リッターV12ツインターボエンジンの存在を主張しています。トランスミッションはZF製の8速ATで、リアはリミテッドスリップ・ディファレンシャルが組み合わされます。

エンジンスペックはもとより、リアエンド中央、ディフューザーの上に取り回されたエグゾーストシステムは、より爽快なサウンドを求めて、専用開発されたステンレス製となっています。

今回発表された仕様はあくまでフルオーダーの一例であり、もちろんこのままの仕様でのオーダーも可能だそうですが、実際はオーナーそれぞれの好み、個性、予算に応じて、88台それぞれ違ったV12スピードスターが誕生することでしょう。1億円を超える剥き出しのV12スピードスター88台の内、日本にはいったい何台が入ってくるのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します