サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産「ノート オーラ」 燃費に若干不満は残るが『内外装の質感』『たたずまいの良さ』など総合力で他を圧倒するプレミアムコンパクト

ここから本文です

日産「ノート オーラ」 燃費に若干不満は残るが『内外装の質感』『たたずまいの良さ』など総合力で他を圧倒するプレミアムコンパクト

WLTCモード燃費は2WD車が27.2km/L、4WD車が22.7km/L

日産「ノート オーラ」は、現行型の日産「ノート」(2020年11月~)をベースとする3ナンバーサイズの派生モデル。2021年6月に発表され、同年8月に販売が開始されました。

オーラという車名は「気品」や「独特な雰囲気」を意味する英語「AURA」に由来しており、日産いわく「新次元のプレミアムコンパクトを目指した」とのこと。

確かに、コンパクトカーとしてはすでに十分に気品がある現行型ノートのボディをワイド化し、専用のフロントグリルやインテリアなどが与えられたノート オーラは、まさに「オーラのあるコンパクトカー」だと評せるでしょう。

>>日産 ノート オーラのカタログページを見る

>>日産 ノート オーラの買取相場は?

4045mmという全長はノートと同じですが、前後のフェンダーを拡幅することで、全幅はノートより40mm広い1735mmに。この40mmのワイド化が、ノート オーラのフォルムに絶妙な高級感を与えました。

そして日産車のアイコンである「Vモーショングリル」にはシグネチャーLEDポジションランプとアクセントランプ、シーケンシャルターンランプが備わり、薄型のヘッドランプにはアダプティブ LEDヘッドライト機能が採用されています。

インテリアでは、ベース車であるノートの7インチに対して12.3インチに大型化された「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」と9インチの「NissanConnect ナビゲーションシステム(オプション)」が継ぎ目なくつながる、バイザーなしのメーターナセルが印象的。そのほか、15もの工程を経て作られるという木目調パネルや、ツイード調表皮のダッシュボードとセンターコンソール、ドアパネルなどもノート オーラの専用アイテムです。

日産 ノート オーラのパワーユニットは、日産が「e-POWER」と呼んでいるシリーズハイブリッド方式。つまりエンジンは発電のみに徹し、その電力によって動くモーターが車輪を駆動させるという方式のハイブリッドシステムです。

発電用の1.2L直3エンジンはノートと同型ですが、ノート オーラの前輪にはノートより20ps強力な最高出力136psのモーターを採用。4WD車の場合は、後輪にも最高出力68psのモーターが備わることになります。WLTCモード燃費は2WD車が27.2km/Lで4WD車が22.7km/Lと、それぞれなかなか優秀。

日産車ではおなじみの運転支援システム、ナビリンク機能付き「プロパイロット」はオプションとして全車に用意され、そのほかの一般的な運転支援システム(いわゆる自動ブレーキや踏み間違い防止機能、車線逸脱防止支援機能など)は全車標準装備となっています。

>>日産 ノート オーラのカタログページを見る

>>日産 ノート オーラの買取相場は?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します