サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 見た目もアドレナリン覚醒機。スーパートロフェオの公道仕様「ランボルギーニ ウラカン STO」を走らせる

ここから本文です

見た目もアドレナリン覚醒機。スーパートロフェオの公道仕様「ランボルギーニ ウラカン STO」を走らせる

見た目もアドレナリン覚醒機。スーパートロフェオの公道仕様「ランボルギーニ ウラカン STO」を走らせる

ランボルギーニ ウラカン STO

スーパー・トロフェオのロードゴーイングモデル

2021年10月、富士スピードウェイで「ランボルギーニ ウラカンSTO」に編集が試乗しましたのでレポートします。

ウラカンSTOはウラカンのレーシングカー「スーパー・トロフェオ」の公道バージョンとして、2020年11月に公開されましたが、2021年の生産分については既に完売となっているモデルです。価格は4125万円。車名のSTOは、「スーパー・トロフェオ・オモロガータ」の略で、公道可能なスーパー・トロフェオを意味しています。数々のレースで実績を残してきた「ウラカン GT3 EVO」の開発技術をベースに設計されており、サーキットでラップタイムを短縮するためのランボルギーニのノウハウが組み込まれています。

ボディパネルの75%以上にカーボンファイバーを使用。フロントガラスも30%軽量化され、マグネシウムホイールや防音材の減量などにより、「ウラカン ペルフォルマンテ」よりも43kg軽くなっています。フロントは空力性能と軽量化を両立すべくバンパーとボンネット、フェンダーが一体化され、手動で3段調節が可能なリアウイングを装備。アクラポヴィッチが開発を手がけたチタン製のロールケージが組み込まれています。さらにドアハンドルや内側のドアオープナーは軽量化のためストラップ形状となっています。

エンジンは5.2L V型10気筒・自然吸気で、最高出力640ps/8000rpm、最大トルク565Nm/6500rpmを発生。0-100km/h加速タイムは3.0秒、最高速度は310km/hをマークします。

ランボルギーニ ウラカンのカタログページを見る

ランボルギーニ ウラカン の買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します