サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > エヴォーラ400発表。FMC並の大幅刷新でロータス史上最速の300km/hへ

ここから本文です

エヴォーラ400発表。FMC並の大幅刷新でロータス史上最速の300km/hへ

最新エヴォーラはロータス史上最も速く、パワフル

11月10日、エルシーアイ株式会社はロータスの歴史上、最もパワフルな市販モデルとなる「ロータス・エヴォーラ 400(フォーハンドレッド)」を発売した。従来モデルの「エヴォーラ S」同様、ロータスが得意とするアルミ製シャシーに、3.5L V6スーパーチャージャーエンジンをミッドシップする2+2のピュアスポーツカーだが、一部のボディ骨格にまで及ぶ、全体の2/3以上の装備がリフレッシュされている。

価格はMTモデルが1355万4000円、ATモデルが1406万1600円と、新型ポルシェ911カレラを上回るプライスタグを下げる。2016年3月上旬からディーラーでデビュー試乗会が開催され、目標販売台数は60台/年。

パワーアップしたV6スーパーチャージャーエンジン

改良型エンジンは水冷式インタークーラーを搭載し、スーパーチャージャーやエンジンマネジメントシステムも一新した結果、先代モデルを16%上回る最高出力=406ps(※350ps)と最大トルク=410Nm(※400Nm)を発生する。最高速度は300km/h、0-100km/h加速は4.2秒。※はエヴォーラ先代モデルの数値。

トランスミッションは6速MTと6速トルコンATを用意。特にMTトランスミッションは新しいクラッチディスクと軽量フライホイールでシフトフィールが向上しているという。

ボディや足回りも大幅ブラッシュアップ

ボディは全幅こそ変わらないが、インタークーラーの追加などで全長が27mm伸びて、前後のダウンフォースも強化された。フロントバンパーや大型開口になったアンダーグリル、3ピースのリアウイングやリアバンパー、リアディフューザー、ドアミラーも新デザイン。車重も22kg軽くなっている。

インテリアも一新されて高級感やエレガントな雰囲気が向上。フロントシートは1脚あたり3kg軽量なスパルコ製。従来のエヴォーラモデルと比べてサイドシルがスリムになったのも特徴で、横幅で43mm、高さで56mm低くなり乗降性が向上。後席の幅も280mm広い。

従来のエヴォーラモデルよりも3.3kg軽量なフロント19インチ、リア20インチの軽量鍛造アルミホイールはOP設定(標準は鋳造アルミホイール)。タイヤはミシュラン パイロット スーパースポーツ(フロント235/35ZR19、リア285/30ZR20)を装着。AP社製のクロスドリルド・ベンチレーテッドディスクブレーキ(フロント:370×32mm、リア:350×32mm)もディスク径の拡大によってストッピングパワーが強化されている。また、MT車にはLSDが標準装備された。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します