サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型シビック タイプR発表。3つの走行モードやレブマッチ機能などを新採用

ここから本文です

新型シビック タイプR発表。3つの走行モードやレブマッチ機能などを新採用

ホンダは7月27日、新型シビック タイプRを発表した。先代は750台の限定モデルとして日本に導入されたが、新型はセダン、ハッチバックと並ぶカタログモデルとして販売される。発売開始は9月29日(3タイプ同時)で、価格は450万360円。

当初からタイプRを想定してプラットフォームを開発

ベース車ありきだった歴代タイプRの開発手法とは異なり、新型ではタイプRが目指すパフォーマンスを実現できるディメンションやボディ性能を想定してプラットフォームを新開発。ホワイトボディーで先代比約16kgの軽量化を図りながら、ハイテン材の配置や結合構造の最適化などでねじり剛性を約38%向上させている。

ボディサイズは全長4560×全幅1875×全高1435mmと、ハッチバックに対して40mm長く、75mm広くなり、よりロー&ワイドな印象に。各所に配された赤のアクセントや空力デバイス、大型リアウイング、マフラー3本出しのエキゾーストシステムなどによって高性能モデルらしい佇まいが演出されている。

インテリアにはフラットボトムのステアリングやカーボン調パネル、アルミ製シフトノブ、アルミ製エンブレムなどの専用アイテムを装備。シートは先代比10%の軽量化とともに前後の調整幅も拡大され、より最適なドライビングポジションが取れるようになったという。

先代比+10psの2L直4ターボ搭載。レブマッチシステムを新採用

エンジンは先代比+10ps向上させた、2.0リッター直列4気筒DOHC直噴ターボ(最高出力320ps、最大トルク400Nm)を搭載。コンロッド、アルミ製ピストンなど内部パーツの軽量化、アルミブロックやエキマニレス構造などの採用により軽量化も実現されている。トランスミッションは6速MTが組み合わされるが、スポーツ走行などで不可欠なヒール&トゥを不要にするレブマッチシステムが新たに装備された。この機能はドライバーの好みに応じてオフにすることも可能だ。

日常からサーキットまで好みの走りを実現

ドライビングモードは、日常での快適性に配慮した「コンフォート」、ベストバランスを追求した「スポーツ」、ダイナミック性能を高めた「+R」の3つを設定。それぞれのモードごとに、アダプティブ・ダンパー・システムやパワーステアリング、スロットルなどの制御デバイスを調整して組み合わせることで好みの走りが得られるという。

シャシーも各所に手が加えられており、サスペンションはフロントに改良型のストラット式、リヤは先代のトーションビーム式からマルチリンク式に変更され、タイヤ接地状態の最適化と高剛性化が図られた。また4輪のダンパー減衰力を独立制御するアダプティブ・ダンパー・システムも進化。ドライブモードごとの可変幅拡大や減衰力を変化させる制御の改良により路面追従性を向上させた。

次のページ>>スペック

【関連記事】
国内復活の新型シビックは3タイプ同時に9月発売。ハッチバックには6MTも設定

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します